RSS | ATOM | SEARCH
遊びをせんとや生れけむ、戯れせんとや生れけん パート

 

 



先日は娘達が春休みということもあり、家族でキャンプに出掛けてきました。

 

 

 

今回は少し足を延ばして京都→→→和歌山へ。

 

 

 

春キャンプ第二弾です。

 

 

 

準備も随分手馴れてきてキャンプギアも充実。

 

 

 

怖いのは忘れ物だけですが、これもチェックリストがあれば大丈夫。

 

 

 

食べ物も普通の物なら道中のスーパーで販売してますし。
 

 

途中の道の駅で次女がお約束の一枚。

 

 

 

左が「マグロ」で右が「伊勢エビ」、そして真ん中が「イノブタ」だと知ったうえで映ってるんでしょうかね???(笑)



そして無事に現地到着。

今回はここ「南紀串本大島リゾート」。


広大な敷地に高規格な設備が揃ってる人気のキャンプ場です。

当日は人も全然いなくて良い感じ。


行きつけのアウトドアのお店の友人知人達は揃って夏キャンプは行かない派が多いです。

まずグループキャンパーがとてもうるさい。

寝ずにいつまでもしゃべってる。

音楽を大きい音量でガンガン流す。

その点、まだ寒い時期や冬場はガチなキャンパーさんが多くて好印象が持てます。

ここは就寝時間やマナーが徹底してるので素晴らしいです。

子供達は早速たんぽぽの綿帽子で遊びに夢中。

いつまでも子供デス(笑)


テントを張るとすぐに辺りは暗くなりました。

この時期まだまだ日暮れはあっと言う間です。

最初は女の子だし大丈夫かなと思いながらボチボチ始めたキャンプも、ますます加速して場数をこなしています。

キャンプを通じた知り合いや友人も出来て、動向も気になる方も多数。

まだまだ教えて貰うこともいっぱいあります。

一皮剥けばマニアな方が多いのも特徴ですけど(笑)

続く・・・

 

嵐山こども食堂ホームページhttp://arashiyamakodomosy.wix.com/kodomosyokudou

 

 

嵐山こども食堂Facebookページhttps://www.facebook.com/arashiyama.kodomosyokudou/

 

 

株式会社みつばちハウジング「みつばち日記」http://mitubachiblog.jugem.jp

 

 

京都市右京区の名所・旧跡・美味しいケーキ・美味しいお菓子やご近所の名店・グルメ情報・HPの無いお店もたっぷり登場させて行きます!

 

右京区はこんなトコロ・住めば都と言うけれど・・・ページへのリンクはこちらです!

 

★★右京区で不動産をお探しならこちら・・・まずは株式会社みつばちハウジングへ! ★★

 

★★右京区で賃貸マンション・借家をお探しならこちら・・・株式会社みつばちハウジングへ!★★

 

≪当社の取組が書籍に掲載されました!≫

http://www.ck-pub.com/books/net-shinkaron.html

author:京都で一番「ありがとう」といわれる不動産屋さんを目指している株式会社みつばちハウジングの代表取締役の高畑 高嗣(たかはた たかつぐ)です。, category:キャンプ・アウトドア・旅行, 06:00
comments(0), trackbacks(0)
敵がいる

 

「やめたい」と言ってる人がいます・・・ここ最近こども食堂について良く受ける質問・・・人間関係と組織とモチベーションについて。

 

 

先日も組織運営についてOさんやYさんより色々と相談を受けました。

 

 

こども食堂を続けていく中で、やめたいという相談がチラホラありますとの事。

 

 

お話を聴くと・・・大変そうです。

 

 

やめたい・・・やりたくない人を構ってるのは本当にしんどいと思います。

 

 

よっぽど意志が堅固で無いとそんな人に構ってるうちに引きづられます。

 

 

特にやめたいと言ってる人の中で、自分が居ないとオペレーションが廻らないと勘違いしている人ほど悩んでる振りをしがちかと。

 

 

そしてそんな人ほど確実に足を引っ張ります。

 

 

僕的にはそんな方は元々「気楽に楽しいことだけ」、「美味しいところだけ」で良い恰好してやりたいだけであり、ちょっとしんどいことがあると長続きしません。

 

 

子供達や地域の為にとか、何が何でもやり抜く使命感や誰かの為にという意識が低い方かなと。

 

 

人伝に「やめたい」「やりたくない」と聞くと、正直しんどい場面かも知れませんが、そこはほっとくのが一番。

 

 

その人を元に戻そうという努力をするよりも、他の人を探すなり育てる方が早くて効果的です。

 

 

自分の精神衛生上でもメリット大です。

 

 

去る者は追わず来る者は拒まず・・・どの組織にも通用する格言です。

 

 

その人と心中する気でやりたい方なら別ですが。

 

 

こんな風に書くとドライに感じるかも知れませんが僕なりの真実です。

 

それよりも早めに「本気でやり抜くか肚を決める時が来たな」くらいの感覚でやると良いかとアドバイス。

 

 

「敵がいる?

 

良いことだ。

 

それは人生の中で何かのために立ち上がったことがあるという証だ」

 

【ウィンストン・チャーチル】

 

第二次世界大戦中、ドイツに敗戦ぎりぎりまで追い込まれた英国を救った首相の言葉です。

 

 

嵐山こども食堂ホームページhttp://arashiyamakodomosy.wix.com/kodomosyokudou

 

 

嵐山こども食堂Facebookページhttps://www.facebook.com/arashiyama.kodomosyokudou/

 

 

株式会社みつばちハウジング「みつばち日記」http://mitubachiblog.jugem.jp

 

 

京都市右京区の名所・旧跡・美味しいケーキ・美味しいお菓子やご近所の名店・グルメ情報・HPの無いお店もたっぷり登場させて行きます!

 

右京区はこんなトコロ・住めば都と言うけれど・・・ページへのリンクはこちらです!

 

★★右京区で不動産をお探しならこちら・・・まずは株式会社みつばちハウジングへ! ★★

 

 

author:京都で一番「ありがとう」といわれる不動産屋さんを目指している株式会社みつばちハウジングの代表取締役の高畑 高嗣(たかはた たかつぐ)です。, category:こども食堂, 06:00
comments(0), trackbacks(0)
往く春


先日は長女の卒業式でした。

 
仕事もなかなか忙しい時期で、まだリフォーム工事をたくさん残し、新築の打ち合わせも抱えながらの仕事の合間を縫って参加させていただきましたが、今風の中にもいろいろ特色もあって良い卒業式でした。


たくさんの熱心な親御さん達も参加されて、在校生達の温かいお見送りも。



今回の卒業式の準備は少し前から始まっていて、服はどうするとか、髪型は?とか、当日の嫁の恰好は?とか、色んな決め事があったのを思い出していますが、結局本人達の好きなようにさせるのが一番僕的には無難な訳で・・・異論無し(笑)


 
それよりも卒業式の後にクラスの打ち上げがあるとの事で、僕はその時間に何しようかと思案してました(笑)


 
Facebookやメールで知り合いや友人の方よりたくさんのお祝いのメッセージも戴きまして、本当に有難うございます。

 

ランドセルが大きかった1年生の頃をつい先日の様に思い出しながら、激動の6年間だったなぁと振り返っております。

 

 

僕の時代も1999年のノストラダムスの大予言を乗り越えてきましたが、これからも南海トラフや東海地震、AIの時代の到来など、本当に先の読めない時代を迎えることと思います。

 

 

危機が無い限り人間関係も増々希薄になるでしょうし。

 

そんな中で家族や人間がどこに向かうのか、向かうべきなのか、大きな意味で考える節目がこういった卒業式という一区切りかも知れませんね。



 

嵐山こども食堂ホームページhttp://arashiyamakodomosy.wix.com/kodomosyokudou

 

 

嵐山こども食堂Facebookページhttps://www.facebook.com/arashiyama.kodomosyokudou/

 

 

株式会社みつばちハウジング「みつばち日記」http://mitubachiblog.jugem.jp

 

 

京都市右京区の名所・旧跡・美味しいケーキ・美味しいお菓子やご近所の名店・グルメ情報・HPの無いお店もたっぷり登場させて行きます!

 

右京区はこんなトコロ・住めば都と言うけれど・・・ページへのリンクはこちらです!

 

★★右京区で不動産をお探しならこちら・・・まずは株式会社みつばちハウジングへ! ★★

 

★★右京区で賃貸マンション・借家をお探しならこちら・・・株式会社みつばちハウジングへ!★★

 

≪当社の取組が書籍に掲載されました!≫

http://www.ck-pub.com/books/net-shinkaron.html

author:京都で一番「ありがとう」といわれる不動産屋さんを目指している株式会社みつばちハウジングの代表取締役の高畑 高嗣(たかはた たかつぐ)です。, category:日常の出来事, 06:00
comments(0), trackbacks(0)