RSS | ATOM | SEARCH
ファイアー三昧 その壱

JUGEMテーマ:日記・一般



前日が次女の幼稚園の卒園式。

明けて翌日。

この日は次女の通う幼稚園でのお父さん達のイベント
「BBQ大会」


年度末最後の締め括りイベントです。


あんな事こんな事あったなぁと会場の幼稚園に着くと・・・意外に人が少ない。(笑)


「あれれっ?」と思いながら少し探すと・・・謎の仕込み集団発見!

大勢のお父さん達が土間で大量の野菜をカットしてはりますわ。


話を聞くと大量のキャベツやもやしは焼きそば用。

その他の野菜は???


牛蒡まで下処理しておられるので、詳しく聞くと大量の「豚汁」と「粕汁」を作るとの事。


鍋4杯分位???

70〜80人分×2杯くらいかな。

それにしても凄い量です。


BBQ会場に戻ると長女が滑り台で遊んでます。

こんな時は一切からかったりしないのが鉄則。(笑)


懐かしい幼稚園時代を思い出してるんでしょうか。

愛情たっぷりな先生やお友達、仲の良いお母さん達お父さん達に囲まれて、凄く幸せな幼稚園時代を親子共々過ごさせていただきました。


BBQ会場に戻ると、お父さん達がキャンプ仕込みの解凍方法で、フランクフルトを焼きながら解凍中。


これ結構ボリュームのあるフランクですわ。

グリル台や炭熾しに食材の準備とセッティング。

手際の良いお父さん達で次々に段取り良く進んでます。


炭が熾ればすぐに調理スタート。


大量の着火剤を持ってきていただいたお父さんのお陰でガンガン炭が燃えてます。


晴天の良い天気にも恵まれて絶好のBBQ日和到来。

この週と翌週はBBQ三昧&ファイアー三昧です!

続く・・・。



嵐山こども食堂ホームページ→http://arashiyamakodomosy.wix.com/kodomosyokudou

嵐山こども食堂Facebookページ→https://www.facebook.com/arashiyama.kodomosyokudou/

株式会社みつばちハウジング「みつばち日記」→http://mitubachiblog.jugem.jp

京都市右京区の名所・旧跡・美味しいケーキ・美味しいお菓子やご近所の名店・グルメ情報・HPの無いお店もたっぷり登場させて行きます!

右京区はこんなトコロ・住めば都と言うけれど・・・ページへのリンクはこちらです!


★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの購入マニュアル」はこちらをクリック ★★

★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの売却マニュアル」はこちらをクリック★★


★★右京区で不動産をお探しならこちら・・・まずは株式会社みつばちハウジングへ! ★★

★★右京区で賃貸マンション・借家をお探しならこちら・・・株式会社みつばちハウジングへ!★★

≪当社の取組が書籍に掲載されました!≫
http://www.ck-pub.com/books/net-shinkaron.html


 
author:京都で一番「ありがとう」といわれる不動産屋さんを目指している株式会社みつばちハウジングの代表取締役の高畑 高嗣(たかはた たかつぐ)です。, category:幼稚園関係, 06:00
comments(0), trackbacks(0)
ローリング・ストーン

 

JUGEMテーマ:日記・一般


もう一ヶ月以上になる「太秦light商會」の立ち上げミーティング。
 
毎週ミーティングしてますが、かなり具体的に話が進んできてます。
 
まずはイベントを成功させることを1つの目標に、規模や参加店舗も含めて話が伸展してます。

「右京区に本気で店を開きたい方」を応援する目的もあるので、本業の不動産にもバッチリなマッチング感もあり、さっそく当社で1店舗の出店が新たに決まって、そちらも保健所の許可など進んでおります。


 
そちらも着々と準備中で、早ければ4月中にはOPENかと。

 
営業の業態も含めて、今後「太秦light商會」と、どのように絡んでくるのかまだまだ未知数ですが。

 
色々将来的に複合的に関係してくると非常に面白いなぁと。

 
この夜は太秦のIKEYAさんでの打ち合わせ。
美味しい手作りのバナナパウンドケーキが登場。

 
ここはケーキもホントに美味しい。

 
サルーコーヒーの若夫婦も、地図デザインや企画で大忙し!?(笑)
美味しいコーヒーも登場。

 
勿体無いので砂糖もミルクも入れません。
退院明けのAさんも久々に登場。(笑)

 
ようやく病院食から解放!?されたのが嬉しかったご様子です。

5月のGWはあっと言う間なので、色々決め事を話し合ってます。

 
山場は越えたかな〜。(笑)
しかし最近は個性的なお店が増えましたね。
 
そんなお店が増えてても知らないだけで、話を聞いただけで行きたくなる店が続出してます。
 
最近は太秦light商會のメンバーと話す度に、お店の新たな可能性を垣間見た気がしてますわ。
 
単なる「お客さん」では見えない部分があるのも確かです。
 
いつまでもその一線は越えられない壁でしょう。
 
そして越えなくてもよい壁でしょう。
 
美味い不味いを越えた信頼関係を経営者同士でどんどん築けたら、地域で最高に面白い付き合いになるはず。

いつまでも新鮮な會を目指したいもんです。



嵐山こども食堂ホームページ→http://arashiyamakodomosy.wix.com/kodomosyokudou

嵐山こども食堂Facebookページ→https://www.facebook.com/arashiyama.kodomosyokudou/

株式会社みつばちハウジング「みつばち日記」→http://mitubachiblog.jugem.jp

京都市右京区の名所・旧跡・美味しいケーキ・美味しいお菓子やご近所の名店・グルメ情報・HPの無いお店もたっぷり登場させて行きます!

右京区はこんなトコロ・住めば都と言うけれど・・・ページへのリンクはこちらです!


★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの購入マニュアル」はこちらをクリック ★★

★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの売却マニュアル」はこちらをクリック★★


★★右京区で不動産をお探しならこちら・・・まずは株式会社みつばちハウジングへ! ★★

★★右京区で賃貸マンション・借家をお探しならこちら・・・株式会社みつばちハウジングへ!★★

≪当社の取組が書籍に掲載されました!≫
http://www.ck-pub.com/books/net-shinkaron.html


 
author:京都で一番「ありがとう」といわれる不動産屋さんを目指している株式会社みつばちハウジングの代表取締役の高畑 高嗣(たかはた たかつぐ)です。, category:右京区町内の出来事, 09:15
comments(0), trackbacks(0)
メイド・イン・ヘブン

JUGEMテーマ:日記・一般

 


遠藤周作氏原作の映画「沈黙 サイレンス」が公開されています・・・と言いたいところですが、近畿地方ではもう既に終わっているみたいです。


こうなるとDVD待ちでしょうか。

観てないので内容については全く書けませんが、遠藤周作氏の本はクリスチャンで無くともグッとくる内容です。

早く観たいですわ。

ここに僕が今まで聞いた中でとても印象的な「天国の門」の話があります。


ある人は地上での余りにも酷く惨たらしい人生の出来事の連続で、神を信じれなくなり、憎むようになった人。


ある人は地上の人生で何不自由無くお金にも困らず、飢えも知らず子供達や孫に囲まれ幸せな生き方をした人。

ある人は地上での人生において、苦しい時期も悲しい出来事もあり、最終的は可もなく不可もなく、諦観に満ちて人生を終えた人。

ある人は地上での人生において、王侯貴族に生まれ、使い切れない程の富に囲まれ、国と子孫の繁栄を目にしながら人生を終えた人。


さぁ、自分ならどの人が天国の門を潜るのに相応しい人だと確信できるでしょうか???

地獄に至る道はすぐに思い浮かびますけど。


嵐山こども食堂ホームページ→http://arashiyamakodomosy.wix.com/kodomosyokudou

嵐山こども食堂Facebookページ→https://www.facebook.com/arashiyama.kodomosyokudou/

株式会社みつばちハウジング「みつばち日記」→http://mitubachiblog.jugem.jp

京都市右京区の名所・旧跡・美味しいケーキ・美味しいお菓子やご近所の名店・グルメ情報・HPの無いお店もたっぷり登場させて行きます!

右京区はこんなトコロ・住めば都と言うけれど・・・ページへのリンクはこちらです!


★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの購入マニュアル」はこちらをクリック ★★

★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの売却マニュアル」はこちらをクリック★★


★★右京区で不動産をお探しならこちら・・・まずは株式会社みつばちハウジングへ! ★★

★★右京区で賃貸マンション・借家をお探しならこちら・・・株式会社みつばちハウジングへ!★★

≪当社の取組が書籍に掲載されました!≫
http://www.ck-pub.com/books/net-shinkaron.html

 

author:京都で一番「ありがとう」といわれる不動産屋さんを目指している株式会社みつばちハウジングの代表取締役の高畑 高嗣(たかはた たかつぐ)です。, category:日常の出来事, 06:00
comments(0), trackbacks(0)