RSS | ATOM | SEARCH
嵐山こども食堂・REVOLUTION 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

今回のブログは前回のブログの続きです。

 

 

 

嵐山こども食堂の運営に欠かせない「人」について書きたいと思います。

今までの3年間近くのこども食堂の中で、高校生達のお手伝いは延べ人数で200名、いや300名以上。

大学生や社会人の方達もそれ位の人数にはお手伝いに来ていただいてます。

中には「人が少なかったらいつでも声掛けてください・・・手伝います」と言っていただける方も。

基本「来るもの拒まず」なので、これからこども食堂を立ち上げたい方や、学生さんの卒論の補強体験としてこども食堂体験など、多岐にわたってお手伝いしていただいてます。

前回のブログでは「物」を書かせていただいてますが、「物」は「人」でもあるので、色々な繋がりの中から話が発展することも多々あります。

特に高校生達の存在はかなり大きく、これはこども食堂スタート時には全く想像もしていませんでした。

スタート時には高校生達もこども食堂の「対象」であり、運営側の一方的な主観でお客様扱いでしか捉えてなかったのです。

それが口コミや学校での繋がりで、毎月たくさんお手伝いに来てくれるようになり、今年の夏は遂に京丹後での1週間近くに及ぶ「ふくしま・こどもキャンプ」合宿にも繋がりました。

「ふくしま・こどもキャンプ」の様子はこちら↓

http://mitubachiblog.jugem.jp/?day=20180802

これは規模と言い参加人数といい、かなり大規模かつ継続的な取り組みなので、高校生達が付いて行けるか心配でしたが、地元の元小学校の校長先生達や元小学校教諭の方々に、時にはビシバシ厳しく叱られながら、やり遂げてくれました。

これは今後の嵐山こども食堂の活動の中でも、地元という枠を飛び出して皆で活動して初めての活動でした。

受け入れ先の京丹後でも、ある意味イマドキの若者がこういった活動に興味を持って遠方から駆け付けたことに、かなり力を得たらしく、来年度以降の活動に大きな影響を与えられそうです。

運営者側の大人サイドとしては、このお手伝いの高校生達の進学先が海外の大学や国内の大学だとして、どこに進学するにしても、いつか先々戻ってきてお手伝いしてくれるように願ってますし、それまで活動継続しなければと身の引き締まる思いです。

そして社会人の方々も、お手伝いに入っていただいた方がどんどん膨れ上がる中、いつでも気軽にお手伝いいただけるような場でもありたいと思っています。

お客様として利用される方、お手伝いしていただける方、そしてご支援や物資をカンパしていただける方、どれが欠けてもこども食堂の活動は厳しいですし、継続し続けることが大切です。


 

 

 

最後になりますが、最近は行政がこども食堂支援やこども食堂を取り上げることに対して反発される向きも一部見受けられます。

 

 

確かに一時期一時的なブームや時代のあだ花的な流行で出来ていた部分もあるでしょう。

 

 

しかしそれは子供の貧困問題だけや、日本の社会構造や貧困の連鎖だけを過激に取り上げるのではなく、運営側やお手伝いに来ていただいてる側の視点が欠けているように思えてなりません。

 

 

高校生達や大学生達を間近で見続けていると、彼ら彼女らの「人の役に立ちたい」「自分達でも何か貢献したい」「誰かの役に立って自己承認欲求を満たしたい」という気持ちが痛い程分かる瞬間があります。

 

 

昔は「新人類」という言葉があり、若いもんはクールでドライで冷めていると、年配者は若者を定義しがちですが、僕自身はこども食堂をしていなければ、これだけ人生観や他人の見え方が変わる感動体験と経験を生涯出来なかっただろうと感じています。
 

最近は僕だけが心中感じていたこんな感動を、素で感じ取っていただける徐々にお客様が増えてきました。

中には涙を流して感動されてる方も。

社会人の方々も成長過程の早い遅いは人それぞれですし、日常の中でも無理せず手伝って貰えればありがたいなと思います。

 

 

仕事や損得を越えた、世代を超えた仲間達をこれからもどんどん増やしていけたらなと思っています。

 

 

嵐山こども食堂ホームページhttp://arashiyamakodomosy.wix.com/kodomosyokudou

 

 

嵐山こども食堂Facebookページhttps://www.facebook.com/arashiyama.kodomosyokudou/

 

 

株式会社みつばちハウジング「みつばち日記」http://mitubachiblog.jugem.jp

 

 

京都市右京区の名所・旧跡・美味しいケーキ・美味しいお菓子やご近所の名店・グルメ情報・HPの無いお店もたっぷり登場させて行きます!

 

 

右京区はこんなトコロ・住めば都と言うけれど・・・ページへのリンクはこちらです!

 

 

★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの購入マニュアル」はこちらをクリック ★★

 

 

★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの売却マニュアル」はこちらをクリック★★

 

 

author:京都で一番「ありがとう」といわれる不動産屋さんを目指している株式会社みつばちハウジングの代表取締役の高畑 高嗣(たかはた たかつぐ)です。, category:こども食堂, 06:00
comments(0), trackbacks(0)
嵐山こども食堂・REVOLUTION 

JUGEMテーマ:日記・一般




最近Facebookを拝見してると「いいね」が「どうでも・・・いいね」に見えてきてしょうがないのは僕だけでしょうか?(笑)

 
皆さん普通に仕事して普通に「いいね」貰ってるくらいが安心で無難な人なんでしょうね。

たまに地域行事に参加したりして。

 
そんな人が少し人の役立つことや目立つことや、人と違うことをしだすと途端に「あの人は変わった」「あの人は変わってる」と同調性のプレッシャーを掛け始める有象無象の輩達。

先日も知り合いの方で地域に役立つようなことをやりだすと、途端に地域から足を引っ張られたことを言われてる方がおられたので、対処法や未来を先取りして教えてあげました。


 
同じような話しは続き、こども食堂でも各地で実践されてる方の悩みは尽きないようで、色々な相談や悩み事をお持ちの方が見受けられます。

僕が今お伝えできることは出来るだけお伝えしてます。

その中で今回特にお伝えしたいことは「支援してくださる方々」の存在です。

これは有形無形で本当に様々な方がおられます。

その中で今回はこども食堂を始めた頃は想像もしていなかった方々。

「食材や品物、資金提供をしてくださる方々」の存在です。

毎月の様にお米や野菜、カンパをしてくださる方々がおられます。

これも今月戴いた、たくさんのお米とじゃがいもです。


そしてたくさんの絵本や本も。


近くの方には是非一度食べにきてくださいとお声がけしていますが、中には一度もお越しいただいてないのにずっと支援して応援していただいている方々が本当に大勢おられます。


 
そして遠く遠方からもたくさんの品物やお菓子類を届けてくださる方々も。

これは当初、嵐山こども食堂をスタートした当時では考えられない、嬉しい「想定外」です(笑)

中には大学生らしき方もおられて・・・正直これには戸惑います。


たぶん時間を掛けて自分で本屋さんへ足を運んで、じっくり選んで戴いたであろう本の数々。


嵐山こども食堂では、食事100円の対象の子供達を「高校生迄」とさせていただいてますが、世間的にもご来店される大人の方から見ても、高校生や大学生は「子供」の範疇に入るのでは無いでしょうか?

そんな遂先日まで子供だった方達の大勢が、こども食堂や子供の貧困問題に興味を持って課題として受け止めてくれていること自体が完全に想像外でもありました。

始めた当初は本当に「3回やって赤字だったらやめる」と決めてスタートした「嵐山こども食堂」。

 

御蔭様で平成27年11月にスタートしたこの活動は今月11月で丸3周年を迎えます。

次回はここまで続けてこれた秘密「人」について書いてみたいと思います。

 

続く・・・


嵐山こども食堂ホームページhttp://arashiyamakodomosy.wix.com/kodomosyokudou
 

 

嵐山こども食堂Facebookページhttps://www.facebook.com/arashiyama.kodomosyokudou/

 

 

株式会社みつばちハウジング「みつばち日記」http://mitubachiblog.jugem.jp

 

 

京都市右京区の名所・旧跡・美味しいケーキ・美味しいお菓子やご近所の名店・グルメ情報・HPの無いお店もたっぷり登場させて行きます!

 

 

右京区はこんなトコロ・住めば都と言うけれど・・・ページへのリンクはこちらです!
 

 

★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの購入マニュアル」はこちらをクリック ★★

 

 

★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの売却マニュアル」はこちらをクリック★★

 

 

★★右京区で不動産をお探しならこちら・・・まずは株式会社みつばちハウジングへ! ★★

 

 

★★右京区で賃貸マンション・借家をお探しならこちら・・・株式会社みつばちハウジングへ!★★

 

 

≪当社の取組が書籍に掲載されました!≫
http://www.ck-pub.com/books/net-shinkaron.html

author:京都で一番「ありがとう」といわれる不動産屋さんを目指している株式会社みつばちハウジングの代表取締役の高畑 高嗣(たかはた たかつぐ)です。, category:こども食堂, 06:00
comments(0), trackbacks(0)
祝3周年!嵐山こども食堂カウントダウン!

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 



先日の日曜日は第36回目の嵐山こども食堂開催日でした。

 
天候も良く絶好の秋の気配漂う行楽日和。

 
今回のメインメニューは「ソースカツ丼」だったので多少のコスト増ですが、スポンサー様より商品券をド〜ンとプレゼントして戴きましたので太っ腹メニューでも大丈夫(笑)

 
今回もお米をたくさん戴いたり、たくさん野菜を戴いたりで、今後も引き続きスポンサードいただけそうな方が大勢いてくださいますので、安心して国産食材での食事を提供させていただけます。

 
本当に感謝申し上げます。

 
そして下の写真のように国産豚を使用したボリュームたっぷりのソースカツ丼に仕上げることができました。


 
しかしこれだけの量を揚げると当分揚げ物要らんな・・・の気分(笑)

 
そして今回はこれからこども食堂を自分達で立ち上げたい方も大勢参加された今回。
卒論でテーマに選んだ大学生や、課題実習で先生と一緒に参加された学生さんも加わってかなり賑やかになってます。

 
今回の嵐山こども食堂の詳細は近日中に嵐山こども食堂ホームページでもアップ致します。

 
乞うご期待ください。

 
来月はいよいよ嵐山こども食堂が皆様の御蔭で3周年を迎えることが出来そうです。

 
3周年スペシャルメニューで昨年に増して大勢のお手伝いの方で出迎えの予定です。

 
ドシドシご参加ください。


 
そして近々岩手県から高校生達がグローバル課題の解決に向けた探究的な学習プログラムの一環としての研修旅行で、嵐山こども食堂に来て聞き取り調査やアンケートを実施されます。

 
少しでも心に残る京都旅行や研修内容であれば嬉しい限りです。

 
今、大学生が卒論で「子供の貧困」をテーマに取り上げて「こども食堂」を取り上げたり、上記の様に先進的な取り組みをする高校がこぞってこども食堂に注目しておられます。

 
身近な食や子供を中心とした課題には改善の余地や大きな可能性が潜んでいるのかもしれませんね。

 
続けていて良かったと思える瞬間は、時間が経つ程確実に増えつつあります。

 

嵐山こども食堂ホームページhttp://arashiyamakodomosy.wix.com/kodomosyokudou

 


嵐山こども食堂Facebookページhttps://www.facebook.com/arashiyama.kodomosyokudou/
 

 

株式会社みつばちハウジング「みつばち日記」http://mitubachiblog.jugem.jp
 

 

京都市右京区の名所・旧跡・美味しいケーキ・美味しいお菓子やご近所の名店・グルメ情報・HPの無いお店もたっぷり登場させて行きます!


右京区はこんなトコロ・住めば都と言うけれど・・・ページへのリンクはこちらです!

★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの購入マニュアル」はこちらをクリック ★★

★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの売却マニュアル」はこちらをクリック★★

★★右京区で不動産をお探しならこちら・・・まずは株式会社みつばちハウジングへ! ★★

★★右京区で賃貸マンション・借家をお探しならこちら・・・株式会社みつばちハウジングへ!★★

≪当社の取組が書籍に掲載されました!≫
http://www.ck-pub.com/books/net-shinkaron.html

 

 

 

author:京都で一番「ありがとう」といわれる不動産屋さんを目指している株式会社みつばちハウジングの代表取締役の高畑 高嗣(たかはた たかつぐ)です。, category:こども食堂, 06:00
comments(0), trackbacks(0)
繋がる子供達の輪

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 
 

先日はこれから子供さんがお生まれになるご夫婦と一緒に新居の仕様決めでショールームへ。

設備一式を色々と一通りみていただきましたが、ポイントとなる点は経験上お伝え出来たかなと思います。

色々目移りしそうな品はありますので、これからが勝負ですが。


会社に戻ると嵐山こども食堂宛に大量の「商品券」を届けていただいたお客様がおられました。


 
先月にお食事にお越しいただいた際に少し話をさせていただきましたが、かなり興味を関心をお持ちになった様子で、協力できることがないか色々聞いておられたのが印象的でしたが・・・有り難いです。


個人のお客様の子供さんのご出産と、地域の子供達への関心と、今まで点と点でしか無かったことが結びついてきている気がしています。


 
行政や各地でこども食堂を立ち上げたい方などが来られて相談を受けたりもさせていただいてますが、来月の11月で嵐山こども食堂を立ち上げてからちょうど丸3年目を迎えることができます。

小さくスタートして徐々に大きくなりつつある活動ではありますが、まだまだやらなければならない事もたくさんありますし、大きくするだけが目標でもありません。

 
財務や仕入れ先の開拓、お手伝いのメンバーさん達やご支援していただいている大勢の方々と一緒に、質を高めていけたらなと考えてます。

そう想って願っていると「あれしたい」「こうしよう」「これを使って欲しい」とか色々集結しだすから不思議なんですけど(笑)


 
これが醍醐味かな。

 
嵐山こども食堂ホームページ→http://arashiyamakodomosy.wix.com/kodomosyokudou

嵐山こども食堂Facebookページ→https://www.facebook.com/arashiyama.kodomosyokudou/

株式会社みつばちハウジング「みつばち日記」→http://mitubachiblog.jugem.jp

京都市右京区の名所・旧跡・美味しいケーキ・美味しいお菓子やご近所の名店・グルメ情報・HPの無いお店もたっぷり登場させて行きます!

右京区はこんなトコロ・住めば都と言うけれど・・・ページへのリンクはこちらです!


★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの購入マニュアル」はこちらをクリック ★★

★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの売却マニュアル」はこちらをクリック★★


★★右京区で不動産をお探しならこちら・・・まずは株式会社みつばちハウジングへ! ★★

★★右京区で賃貸マンション・借家をお探しならこちら・・・株式会社みつばちハウジングへ!★★

≪当社の取組が書籍に掲載されました!≫

http://www.ck-pub.com/books/net-shinkaron.html











 
author:京都で一番「ありがとう」といわれる不動産屋さんを目指している株式会社みつばちハウジングの代表取締役の高畑 高嗣(たかはた たかつぐ)です。, category:こども食堂, 06:00
comments(0), trackbacks(0)
ブラッシュアップ
 

JUGEMテーマ:日記・一般



先日は以前から「やろう!」と言い続けていた「こども食堂×オーガニック野菜・食材」を繋げる具体的な計画の第一弾のミーティングを開催してきました。

 
これも今年の6月10日(日)「京都府庁こだわりマルシェ」イベント繋がりから発展した話です。

「京都府庁こだわりマルシェ」に参加した際の様子はこちらのブログをどうぞ→
クリック

その後各農家さんや小売りさんも徐々に「面白い!」と賛同していただき、具体的にどう活動していくのかや、オーガニック野菜や食材を入手できる仕組みを話し合ってきました。


こども食堂自体も流通大手からの打診や協力の申し入れも増えてきて、その仕組み作りの調整や打ち合わせも今後しないといけなくなり、今後のこども食堂を取り巻く環境もかなり変わってくる気もします。

今回のミーティングにはこども食堂を開催したのが縁で2500名規模の盆踊りを成功させてしまった方もおられますし、大人の思惑や利権や私情が絡んだ政治の世界を垣間見えた話を少し聞かせていただいて、なるほどと深く頷いた次第です(笑)

大阪では完全に政治絡みに移行しつつあるこども食堂を取り巻く環境ですし、京都でも水面下では複雑な動きがありそうな感じもしますが、これは全くもって子供達とは関係無い話でもあるので、自分達のできることをし続けるしかありません。

年内に何とか形に出来れば良いですけど(笑)

そういえば、嵐山こども食堂で時々「カレーライス」をメニューにするのですが、今まで「黒毛和牛」「近江牛」の牛スジを入れた「牛スジカレー」を作ってきました。

大変人気の好評メニューでお客様にも喜んで食べていただいてたのですが、今回ココイチで僕が大好きな「関西限定の牛スジ煮込みカレー」を食べて考えることが一つ出来ました。

ココイチのカレーは色々選ばれた上の牛スジだとは思うのですが、しっかりした味付けで形も崩れずに提供されており、かなり美味しいカレーです。


和牛の牛スジだと煮込むと柔らかいのか形や食感がイマイチ物足りません。

内緒で仕入れさせていただいてる業者さんに悪いのですが、美味しくてレベルの高い牛スジを完全に生かし切れていない気がして。

そこで思い切って今回カレーをもっとブラッシュアップすることに。

色々料理人のお客様や友人知人に聞いて、嵐山こども食堂の「和牛の牛スジカレー」を仕上げてみたいと思います。

ご提供の際はオーガニック野菜も添えようと思っています。


冬になれば再度メニューで挑戦しますので乞うご期待ください(笑)

では。


 
嵐山こども食堂ホームページhttp://arashiyamakodomosy.wix.com/kodomosyokudou

 
嵐山こども食堂Facebookページhttps://www.facebook.com/arashiyama.kodomosyokudou/

 
株式会社みつばちハウジング「みつばち日記」http://mitubachiblog.jugem.jp

 
京都市右京区の名所・旧跡・美味しいケーキ・美味しいお菓子やご近所の名店・グルメ情報・HPの無いお店もたっぷり登場させて行きます!

 
★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの購入マニュアル」はこちらをクリック ★★

★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの売却マニュアル」はこちらをクリック★★

★★右京区で不動産をお探しならこちら・・・まずは株式会社みつばちハウジングへ! ★★

★★右京区で賃貸マンション・借家をお探しならこちら・・・株式会社みつばちハウジングへ!★★

≪当社の取組が書籍に掲載されました!≫
author:京都で一番「ありがとう」といわれる不動産屋さんを目指している株式会社みつばちハウジングの代表取締役の高畑 高嗣(たかはた たかつぐ)です。, category:こども食堂, 06:00
comments(0), trackbacks(0)