RSS | ATOM | SEARCH
パトローネス

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

先日はプライベートで関わっている嵐山こども食堂の活動助成贈呈式に代表として出席してきました。
 

 

今までの嵐山こども食堂の活動内容と経緯が認められてとの事。

財団の理事の方曰く全国800件の応募の中から選ばれたとの事で身が引き締まります。

 

これで今後の活動費用や備品購入の資金を確保できて、これから数年先を見据えて活動できそうです。
 

こども食堂を継続していける要素は「お金」だけではないけれど、可能な限り活動資金は盤石にしておきたいもんです。(笑)

当日は短時間でしたが、こども食堂を運営していなかったらお会いできていなかっただろう方々と知り合いになれて、本当に嬉しいひとときを過ごせました。

ようやくここまで来たかという感慨もひとしお。

 


贈呈式に出席しながら古代ローマのパトローネスの話しを思い浮かべてました。
 

 

古代ローマのパトローネス(保護者・パトロンの語源)とクリエンテス(平民・護民官)の関係は、一方的にパトローネスがクリエンテスを保護するというのではなく、クリエンテスは兵役を提供するほか、例えば貴族が選挙に出るとなったら票集めをしてもらうとか、貴族が財政危機に陥れば平民が共同して援助する、貴族が海賊に捕らわれれば平民が八方駆け回って身代金を調達するといった、持ちつ持たれつで助け合う関係でした。
 

 

不動産事業でもそうですが、こういった関係はどの商売でも成り立つ関係ですし、お客様と会社という立場を一歩踏み込んだ関係にもなります。
 

 

クリエンテスは英語ならクライアントという表記になり、弁護士にとってのは依頼人になり、広告代理店ではスポンサーのことになります。
 

 

幸い僕はこの不動産業界で17年以上お客様に携わってきて、こういったパトローネスとクリエンテス的な関係のOBや紹介のお客様や友人知人が多いので非常に助けられてます。
 

 

中でも特に新しい役割を持ったこども食堂などでは、こういったパトローネスの方々を、当初から意識してどれだけ多く確保出来るかによってもスタート時の負担が随分軽減されます。

 

僕的には別名「サンタさん」とかと呼ばせていただいてますが。(笑)

 

こども食堂を運営してて、実際に生身の七福神様みたいな方が、この世の中に多くおられるのを知ったことが1番の衝撃で驚きです。(笑)

 

話は変わってこの日は四条河原町まで出掛けてましたので、その足で何店か気になるお店をチェック。

そしてついでに娘の誕生日ケーキを買いに行くことに・・・。

僕の中で買うケーキは決まってたので一直線にお店に向かい即注文。

しかしケーキの包装中にショーケースを見てしまい・・・ここから迷いが。(笑)

そう、世はバレンタイン商戦真っ只中。

見栄えも味も良さそうなたくさんのケーキがショーケースの中から誘惑します。(笑)


店頭についた時点で写メを撮って嫁に送ればよかったのでしょうが、僕が「今回初めて買った」と思ってたケーキが、以前にも買ってたものだったのは娘達には内緒です。(笑)

メッチャ喜んでましたし。(笑)


後で嫁にこの写真を送ったら次はこれがいい、あれがいいと好き勝手言ってましたが。(笑)

娘達に誕生日プレゼントを用意したり、クリスマスプレゼントを用意する度に想うのですが、僕が娘達にしてやれるのはプレゼントだけでなく、会社に来られる様々な企業の会社員さんや社長さん、学校の先生、同業者の不動産屋さん、お医者さんや弁護士さんや看護師さん、警察官や消防士さんに飲食店経営者さん、キャビンアテンダントさんにモデルさんにタレントや俳優さん、公務員の方や大工さんに庭師さんに各種職人さん、子供食堂に来てくれるお客様やお手伝いの社会人の方達に高校生達や主婦の方も含め、ありとあらゆる業種の方々と繋がって仕事をしている姿を見せ続けて、将来何になりたいのか、どうやって生きて行くのかを早いうちに考えさせることが1番のプレゼントかなと思います。

僕自身もこのブログの自己紹介で、趣味は映画鑑賞や釣りに読書やスポーツ鑑賞と書いてますが、ここに「こども食堂」を付け加えても良いのではないかと最近は迷ってますが。(笑)

 

 

好きで続けてるものに活動限界とは言いませんし。(笑)


嵐山こども食堂ホームページ→http://arashiyamakodomosy.wix.com/kodomosyokudou

嵐山こども食堂Facebookページ→https://www.facebook.com/arashiyama.kodomosyokudou/

株式会社みつばちハウジング「みつばち日記」→http://mitubachiblog.jugem.jp

京都市右京区の名所・旧跡・美味しいケーキ・美味しいお菓子やご近所の名店・グルメ情報・HPの無いお店もたっぷり登場させて行きます!

右京区はこんなトコロ・住めば都と言うけれど・・・ページへのリンクはこちらです!


★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの購入マニュアル」はこちらをクリック ★★

★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの売却マニュアル」はこちらをクリック★★


★★右京区で不動産をお探しならこちら・・・まずは株式会社みつばちハウジングへ! ★★

★★右京区で賃貸マンション・借家をお探しならこちら・・・株式会社みつばちハウジングへ!★★

≪当社の取組が書籍に掲載されました!≫
http://www.ck-pub.com/books/net-shinkaron.html

author:京都で一番「ありがとう」といわれる不動産屋さんを目指している株式会社みつばちハウジングの代表取締役の高畑 高嗣(たかはた たかつぐ)です。, category:こども食堂, 06:00
comments(0), trackbacks(0)
おとなもこどももよっといで!きょうとこども食堂フェイスティバルの巻 

JUGEMテーマ:日記・一般

 


来月3月10日土曜日に開催される「おとなもこどももよっといで!きょうとこども食堂フェイスティバル」のご紹介をします。

 

主催は「広がれ、こども食堂の輪!全国ツアーin京都」実行委員会

 

共催は京都府・京都市・京都府社会福祉協議会・京都市社会福祉協議会

 

後援は京都府市町村社会福祉協議会連合会・京都府社会福祉法人経営者協議会・京都府共同募金会・京都市民生児童委員連盟

 

僕は嵐山こども食堂として「広がれ、こども食堂の輪!全国ツアーin京都」実行委員会に入っています。

 

イベント紹介文です。

 

「みんなで一緒に食べるごはんおいしいな」

 

こどもがみんなでわいわいと食事が出来るこども食堂

 

「畑で作った野菜。届けてみようかな」

 

地域の方とこども食堂を結ぶこども食堂

 

近所のおじちゃん、おばちゃん、お兄さん、お姉さんたち、みんなでつくる「こどもの居場所」こども食堂が全国で、そして京都でも広がっています。

 

こどもが笑顔になれる、人がつながる地域の居場所をみんなで一緒に考えてみませんか。

 

当日は午前中がトークセッション。

 

午後からが分科会。

 

午前11時から15時まではこども食堂の活動を目で見て体験できるブースエリアもあります。

 

このブースエリアの「情報コーナー」で京都のこども食堂ポスター展示、活動お悩み相談、こども達大好き献立ランキングなど。

 

「遊びコーナー」では学生さんといっしょに楽しむゲームやバルーンアート、幼児さん向けコーナーなど。

 

「こども食堂ごはん体験」では京都のこども食堂のメンバーが作った無料の豚汁を準備しています!

 

有料のおにぎり等もあります。

 

「こども食堂マルシェ」ではこども食堂によるお菓子等物品販売。

 

ブースエリアは入退場自由ですが、申し込みが必要なプログラムもありますので事前にお申込みください。

 

ちなみに嵐山こども食堂からは僕も含めてたくさんのメンバーが当日参加予定です。

 

今現在も事務局宛てに申し込みがガンガン入ってるようです。

 

興味をお持ちの方は時間を作っていただいてドシドシご参加くださいませ。

 

僕は午前10時30分から12時に開催される「トークセッション」に他のこども食堂の代表者さん達と一緒に登壇。

 

午後は分科会2の「ずっとこども食堂を続けていくために」にこども食堂実践者として参加の予定です。

 

そしてある大学の先生が書いておられたのですが、最近僕自身が感じていたことを理論補強できそうなので掲載しておきます。

 

個人的には、民間の取り組みと行政の取り組みの「ベストミックス」ではなく、良い意味の緊張関係が重要だと思っています。

 

「保障されるべき権利や自由」が「保障されていない」ことを発見し、これに社会全体で取り組んでいきましょう、と問題提起することが地域に期待される役割だと思います。

 

この役割が超重要ではないかと思っています。

 

んで、この社会化された問題に対して中心となって取り組むのが行政ではないかと。

 

あくまで個人的な意見ですが。

 

僕も全くその通りかなと感じてます。

 

この先生も当日登場されます。

 

今回特別に「こども食堂の限界」についても話されるそうなので興味津々です。(笑)

そして今回画期的なのがこの企画。


「ワンデイ地域食堂キャンペーンin京都北部」

3月10日に先駆けて、京丹後市で今月の2月24日(土)から3月4日(日)の9日間に渡り、京丹後の7箇所で開催されます。

さすが府と市の連携でチラシ等にも結構お金掛かってます。(笑)

 

イベント紹介文です。

今、全国でこどもたちの居場所づくりの一つとして「こども食堂」の取り組みが広がっています。

毎日の暮らしに欠かせない食を切り口とした居場所つくりは、世代を超えて地域みんながつながる場になりつつあります。

このキャンペーンは「京都府北部地域で世代を超えて地域みんなが集える場をもっと増やしたい!」という想いから始まりました。

普段の活動をちょっとアレンジして、こどもやおとなが誰でも参加できる「食」のある居場所づくりに、地元のボランティア団体等がチャレンジします。

あなたも参加してみませんか?


 

以前嵐山こども食堂に、京都府北部地方のコンビニ複数店の経営者の方が見学に来られたことがあります。

 

地域の電気・水道・ガス・道路などのインフラと同じ役割としてのコンビニは欠かせないと思いますし、そう考えておられました。

 

こども食堂増加の起爆剤になるキャンペーンですし、継続して頑張って貰いたいです。

 

嵐山こども食堂に色々な食材や資金を送ってくださる方も多い地域です。

 

お近くの方は是非ドシドシご参加くださいね。

といいながらも早速、京丹後市の方々との交流企画として2月18日(日)の嵐山こども食堂にて、京丹後の名産の「野間の味 ガラシャ漬け」を振る舞いました。

京丹後にある野間は雪深いところらしく、そこのおばちゃん達が「干し大根・昆布・土生姜・いりごま・干し椎茸・赤唐辛子・醤油・酒・砂糖・酢」だけで作られた完全無添加・手作りで丹精込めて作られた逸品との事です。

 

ご飯のお代わりが止まらなくなる味・・・絶妙の甘辛加減・・・ポリポリ食感・・・間違い無い味です。

今回、京丹後よりたくさんのガラシャ漬けを送っていただきましてありがとうございました。

野間や京丹後に御礼合宿旅行に行きます。(笑)

この「ガラシャ漬け」は戦国大名の細川藤孝公の息女・ガラシャから名前を付けてるそうです。


当日のこども食堂では素晴らしく美味しい副菜となりました。

子供達もお年寄りの方にも大好評でした。

ちなみに高畑家の先祖は乙訓地方を細川藤孝公が治めていた際の家臣でした。(笑)

小田原の役に参陣した際の古文書が残っています。

ここにきてこんなに繋がるとはオドロキです(笑)

 

終わり。
 

嵐山こども食堂ホームページ→http://arashiyamakodomosy.wix.com/kodomosyokudou

嵐山こども食堂Facebookページ→https://www.facebook.com/arashiyama.kodomosyokudou/

株式会社みつばちハウジング「みつばち日記」→http://mitubachiblog.jugem.jp

京都市右京区の名所・旧跡・美味しいケーキ・美味しいお菓子やご近所の名店・グルメ情報・HPの無いお店もたっぷり登場させて行きます!

右京区はこんなトコロ・住めば都と言うけれど・・・ページへのリンクはこちらです!


★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの購入マニュアル」はこちらをクリック ★★

★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの売却マニュアル」はこちらをクリック★★


★★右京区で不動産をお探しならこちら・・・まずは株式会社みつばちハウジングへ! ★★

★★右京区で賃貸マンション・借家をお探しならこちら・・・株式会社みつばちハウジングへ!★★

≪当社の取組が書籍に掲載されました!≫
http://www.ck-pub.com/books/net-shinkaron.html

author:京都で一番「ありがとう」といわれる不動産屋さんを目指している株式会社みつばちハウジングの代表取締役の高畑 高嗣(たかはた たかつぐ)です。, category:こども食堂, 06:00
comments(0), trackbacks(0)
MUST ITEM

JUGEMテーマ:日記・一般



先日、嵐山こども食堂宛てに1本の電話が・・・。

お話ししてみると「こども食堂で使って貰えるものを贈りたいのですが?」との事。

そこで色々検討させていただき、現時点で嵐山こども食堂に足りてないものをじっくり検討しました。

で、炊飯器が必ず必要なんですが、一度に炊ける量が少ないので炊飯器に決定。

それからガス釜で3升炊きも散々検討しましたが、操作が楽で持ち運びが可能で女性でも扱いやすい1升炊きの炊飯器に決めさせていただきました。

 

で、後日届きました。

贈ってくださった方は当初ご持参いただくとの事でしたが、京都駅にあるヨドバシカメラまで足を運び、購入して送ってくださったとの事です。


 

本当にありがとうございます。

 

永く&有難く使わせていただきます。


先日開催した嵐山こども食堂でも、先月お越しの女性の方が、リュックサックにパンパンに食器を詰めて自宅から歩いて持って来ていただきました。

こども食堂当日も小皿の枚数が足りなくなり、困っていたので早速すぐに使わせていただくことに。

足りない物があったらこんな風に助けていただいてます。


1月は炭火焼き肉丼がメインメニューでしたが、ここでも先月送ってくださった美味しいお米を使わせていただいたところ、小さな子供達や大人の方にも大好評で「美味しい!」との声をたくさんいただきました。


前回は写真の国産牛100%の炭火焼き肉丼が売り切れに。


そして具だくさんお味噌汁には、地元の農家の方から戴いた自家栽培・自己消費用の無農薬の聖護院大根をお揚げと炊いたんを作り、具だくさん味噌汁にはこれまた戴いた同じ無農薬の白菜・大根・葱を入れたところ、これも絶賛で、何人もの年配の方から「食べたら分かるわ〜美味しいわ〜」の声をたくさんいただきました。


 

 

特に聖護院大根は畑から掘り出されるところを拝見してましたが、外気と土中との寒暖差と身が詰まってる為か「パキッ」という音がして割れてしまうくらい滋味たっぷりでビックリしました。

 

 

生でも充分美味しいです。


サプライズでハープの生演奏も聴けて、これには店内中がビックリ&ウットリ。(笑)

スタジオ・ジブリの名曲やハナミズキなどもハープで聴くと一味違いますね。


そして今年の1月からは2年近くお世話になったお菓子屋さんから工房あんじゅさんへと生ホールケーキとお菓子が変わりました。

こちらも美味しいと大好評でした。


 

これもNHKさんと赤い羽根共同募金さんの活動から毎月届けて戴いてます。


そして食後の楽しみはケーキだけではありません。

お菓子類もいっぱい。


子供達が喜びそうなお菓子もいっぱい戴いておりこれも凄く助かってます。

お菓子って想像以上に高いんですよね。


そして終了後、常連のお客様より今回もメールをいただきました。

「いつも心のこもった美味しいご飯とアットホームな時間をありがとうございます。今後ともよろしくお願い申し上げます。」

いつものレギュラーメンバーのお手伝いの方々と大切に共有します。


と、無事終わったと思ったのもつかの間・・・大量のさば味噌煮缶とミックスフルーツ缶をいただきました。


さぁ、これで何するか検討しないと。(笑)

さば味噌煮っておつまみ感ありますが、色々アレンジできそうな気もします。

良いレシピあれば教えてクダサイ。


 

嵐山こども食堂ホームページ→http://arashiyamakodomosy.wix.com/kodomosyokudou

嵐山こども食堂Facebookページ→https://www.facebook.com/arashiyama.kodomosyokudou/

株式会社みつばちハウジング「みつばち日記」→http://mitubachiblog.jugem.jp

京都市右京区の名所・旧跡・美味しいケーキ・美味しいお菓子やご近所の名店・グルメ情報・HPの無いお店もたっぷり登場させて行きます!

右京区はこんなトコロ・住めば都と言うけれど・・・ページへのリンクはこちらです!


★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの購入マニュアル」はこちらをクリック ★★

★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの売却マニュアル」はこちらをクリック★★


★★右京区で不動産をお探しならこちら・・・まずは株式会社みつばちハウジングへ! ★★

★★右京区で賃貸マンション・借家をお探しならこちら・・・株式会社みつばちハウジングへ!★★

≪当社の取組が書籍に掲載されました!≫

 

 

 

 

author:京都で一番「ありがとう」といわれる不動産屋さんを目指している株式会社みつばちハウジングの代表取締役の高畑 高嗣(たかはた たかつぐ)です。, category:こども食堂, 06:00
comments(0), trackbacks(0)
一大イベント進行中 その弐

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

今回のブログは前回のブログからの続きです。

当日午前のトークセッションでは、プロの漫才師顔負けの掛け合い漫才を披露していただける大学の先生と某団体の理事さんがイチオシかな。(笑)

生活保護の切り下げが新聞にも続々と掲載され始め、安定的な政権の中で文句が出難い時を狙って安保改正や、消費税率のアップなど、市民生活と連動した一連の流れが醸成されつつありますが、その分野専門でやっておられる方々の意見や話しは聞く価値が充分あるかなと考えてます。

一つ一つの問題をどうのこうの言っても、ジグソーパズルを当てはめるように考えないと、良くわからない問題も多々あると僕も教えて貰ってます。

そういえば下の写真の巨大スクリーンはどう使うんでしょ?(笑)


各部屋と部屋の間には、ちょうど下の写真の様にテーブルや自動販売機もあって、小さな子供さんや家族連れの方の部屋も設けるそうなので、ゆっくり参加していただけるようです。

そしてナント当日は各こども食堂から選抜メンバーが集まって、無料のこども食堂体験の食事メニューが振る舞われるそうです。

地元の方の協力体制も完璧です。


分科会で使用される部屋の写真です。

こちらも百人単位で入れるとの事。

「無駄にデカいしお金・・・」あまり言わないようにしましょ。(笑い)


そしてここからが下の写真のミーティングタイム。

当日振る舞われる各こども食堂選抜チームのメニューを巡って、早々に「カレー」メニューが除外されました。

一部理由が「お母さんの困った時のメニューだから」そうです。

まぁ、僕なんか幼児期から味覚が完全にストップしてますから「カレー」「オムライス」「ハンバーグ」などの「昭和黄金メニュー」なら毎週繰り返し食べれますけど。(笑)

最近はお客さんのご家族と話してますと今は「寿司」「宅配ピザ」「うどん」などに完全に変化してる感があります。


当日は各こども食堂選抜メンバーが、こだわりの料理にこだわりの食材を使って「渾身の一撃メニュー」を作ってくださること間違いなし。(笑)


乞うご期待ください。

 

 

そしていよいよ3月10日向けてカウントダウン開始です。


一方、各地のこども食堂を運営されてる中には、嵐山こども食堂と同じく国や府市の援助を全く受けずに運営されてるところも数多くあり、中には援助が国の子供の貧困対策のアリバイ作りになりそうで嫌だと言われる方もおられます。

大学の先生の中には、民間が自助努力をやり過ぎると、国が福祉や生活保護の援助や負担金を減らしだすと警鐘を鳴らす方もおられて、常に両側からバランス良く物事を見る目が不可欠だなと感じます。

やはりここでも、こども食堂に限らず企業や民間活動でも人が関わっている以上、本当に必要な情報や真に知りたい情報は、人繋がりからしか入手できないと実感してます。


こういった繋がりこそが「人財」だなと、つくづく感じた一日でした。


嵐山こども食堂ホームページ→http://arashiyamakodomosy.wix.com/kodomosyokudou

嵐山こども食堂Facebookページ→https://www.facebook.com/arashiyama.kodomosyokudou/

株式会社みつばちハウジング「みつばち日記」→http://mitubachiblog.jugem.jp

京都市右京区の名所・旧跡・美味しいケーキ・美味しいお菓子やご近所の名店・グルメ情報・HPの無いお店もたっぷり登場させて行きます!

右京区はこんなトコロ・住めば都と言うけれど・・・ページへのリンクはこちらです!


★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの購入マニュアル」はこちらをクリック ★★

★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの売却マニュアル」はこちらをクリック★★


★★右京区で不動産をお探しならこちら・・・まずは株式会社みつばちハウジングへ! ★★

★★右京区で賃貸マンション・借家をお探しならこちら・・・株式会社みつばちハウジングへ!★★

≪当社の取組が書籍に掲載されました!≫
http://www.ck-pub.com/books/net-shinkaron.html

 

 

author:京都で一番「ありがとう」といわれる不動産屋さんを目指している株式会社みつばちハウジングの代表取締役の高畑 高嗣(たかはた たかつぐ)です。, category:こども食堂, 06:00
comments(0), trackbacks(0)
一大イベント進行中 その壱

JUGEMテーマ:日記・一般




先日は3月に開催されるイベントの打ち合わせで京都市下京区にある「ひと・まち交流館」へ見学に行ってきました。

何回か来たことはありますが実際その全容は知らず。


 
巨大な建物ですわ。


以前来たのは子供の作品展示だったかな?


 
綺麗だった印象だけ残ってます。


ここで3月10日土曜日(午前10時〜午後15時45まで)に開催されるイベントは
「おとなもこどももよっといで!きょうとこども食堂フェイスティバル」です。


 
「広がれ、こども食堂の輪!全国ツアーin京都実行委員会」が主催します。

嵐山こども食堂から僕もこの中に入れていただいてますので、この日のミーティングに参加してきました。

このイベントは全国的なイベントで、各都道府県で既に開催済みのところも多く、今回京都では京都市と京都府が連動した大規模なイベントになる予定です。

京丹後地方でもチャレンジイベントでこども食堂を開催されるところが6箇所以上あるということです。

ここで少し宣伝を。


「おとなもこどももよっといで!きょうとこども食堂フェイスティバル」

近所のおじちゃん、おばちゃん、お兄さん、お姉さんたち、みんなでつくるこどもの居場所 ”こども食堂” が全国で、そして京都でも広がっています。

こどもが笑顔になれる、人がつながる地域の居場所をみんなで一緒に考えてみませんか?

・・・同時開催・・・
2/24~3/4 きょうとこども食堂フェスティバル【北部企画】
「ワンデイ地域食堂キャンペーンweek in 京都北部」

https://www.facebook.com/events/1671168722942486/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~...

●開催日:平成30年3月10日(土)
●開催時間:10:00〜15:45(※ブースエリアは11:00〜15:00)

●会場:ひと・まち交流館 京都
(京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83−1)
★アクセス方法はこちら↓

http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html
※会場へは公共交通機関を御利用ください。

●参加費:無料
●申込み:メインエリアのみ要申込/定員200名

●プログラム
【まなぶ・深める】メインエリア 10:00〜15:45
・10:00〜 オープニング
・10:30〜 トークセッション
 「いいやん!わたしのまちのこども食堂〜こども食堂の意義と可能性〜」
・13:00〜 学びたい人の分科会
 《分科会1》こども食堂と学校の連携を考える
 《分科会2》ずっとこども食堂を続けていくために
・15:00〜 エンディング

【たのしむ・つながる】ブースエリア 11:00〜15:00
・こども食堂マルシェ、遊びコーナー、情報コーナー、食のお悩みコーナーetc.など、こどももおとなも楽しめる企画をご用意しています!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●申込方法(メインエリアのみ要申込)
下記の必要事項をご記入の上、FAXまたはE-mailにて、「広がれ、こども食堂の輪!全国ツアー実行委員会事務局」宛にお申込みください。

《必要事項》
〔樵亜覆佞蠅な)、△棺蠡亜↓E渡暖峭罅↓そ蚕蝓↓分科会希望(分科会1または分科会2)

《申込締切》平成30年2月28日(水)

《申込先》
FAX:075−252−6310
E-mail: kdm_kyoto@yahoo.co.jp

●問い合わせ先
「広がれ、こども食堂の輪!全国ツアー実行委員会事務局
京都府社会福祉協議会 TEL:075−252−6294
京都市社会福祉協議会 TEL:075−354−8732




当日改めて「ひと・まち交流館」を見学してみると、巨大な吹き抜けはあるし設備その他も豪華だし、弁当の販売もやってて土日にオープンしてるので終日過ごせる建物です。

色々な方々が教室やディスカッション、イベント行事などフル活用されてる印象ですが。


この建物の2階と3階には大会議室があり、200名くらいは収容できます。

奥にある黒い部分からひな壇が登場してセッティングされるそうで、イベント当日はその風景もみれるそうですが、僕も当日のトークセッションや分科会で壇上にあがる機会があるそうなので、あまり見てる余裕は無いかも知れません。(笑)


この日の見学参加メンバーさんを一枚パチリ。

京都府の職員さんや京都市の職員さんを筆頭に、大学の助教の方や某団体の理事長さんから各こども食堂の運営者さん達、そして世界各地を飛び回る牧師さんまでバラエティ豊かです。(笑)

以前から話してるこども食堂を運営されてる牧師さんと「この建物・・・無駄にデカいしお金掛かってますね〜」と話してたら、横におられた府職員さんが「やめて下さい〜」と悲鳴を上げておられました。(笑)

心の声を代弁して貰いたいときは、大阪のおばちゃんを連れてこないといけないようです。(笑)


今からかなり良いイベントになりそうな予感がします。

 
続く・・・

嵐山こども食堂ホームページ→http://arashiyamakodomosy.wix.com/kodomosyokudou

嵐山こども食堂Facebookページ→https://www.facebook.com/arashiyama.kodomosyokudou/

株式会社みつばちハウジング「みつばち日記」→http://mitubachiblog.jugem.jp

京都市右京区の名所・旧跡・美味しいケーキ・美味しいお菓子やご近所の名店・グルメ情報・HPの無いお店もたっぷり登場させて行きます!

右京区はこんなトコロ・住めば都と言うけれど・・・ページへのリンクはこちらです!


★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの購入マニュアル」はこちらをクリック ★★

★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの売却マニュアル」はこちらをクリック★★


★★右京区で不動産をお探しならこちら・・・まずは株式会社みつばちハウジングへ! ★★

★★右京区で賃貸マンション・借家をお探しならこちら・・・株式会社みつばちハウジングへ!★★

≪当社の取組が書籍に掲載されました!≫
http://www.ck-pub.com/books/net-shinkaron.html
author:京都で一番「ありがとう」といわれる不動産屋さんを目指している株式会社みつばちハウジングの代表取締役の高畑 高嗣(たかはた たかつぐ)です。, category:こども食堂, 06:00
comments(0), trackbacks(0)