RSS | ATOM | SEARCH
キッチンあらしやま開催

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

新年早々たくさんの方にブログを読んでいただき嬉しい限りです。


年明けからかなりのアクセス数をカウントしております。

 

そうなると善は急げとばかりに昨年から決まっていた分も含め、本年度の予定を徐々にオープン。

 

 

仕事と嵐山こども食堂とプライベートで、8月位まではほぼ予定が埋まっております。

 

特に今年の春から長女は中学生。

 

かなり先取りで予定を組んでおかないと、習い事や家族行事で身動きできなくなってしまいますし(笑)

 

さて、今回は新春第一弾のこども食堂関連の予定発表。

 

 

本年度のの開催が決まりました。

 

3月10日(日)の予定です。

 

 

昨年の2月18日(日)の開催当日の様子はこちら↓
http://mitubachiblog.jugem.jp/?day=20180226

 

 

もちろん当日はこども食堂も同時に開催され、旅館にて無料でシェフの料理が振舞われます。

 

昨年のチラシです。

 

主催 関西シェフ同好会

 

 

後援 綿善旅館、料理旅館 鶴清、祇園畑中

 

 

支援団体 ACP株式会社、NPO法人エコキャップ推進協会

 

 

今年もこども食堂主催者側のミーティング隊と、こども食堂開催自体は完全別枠です。

 

こども食堂はまた参加の希望を募ると思いますので、決まり次第告知します。(事前予約)

毎月の第三日曜日に開催している嵐山こども食堂は今月1月20日(日)開催です。


皆様のご来場お待ちしております。

 

キャンペーンのお知らせ!

 

只今当ブログ連載2000回カウントダウン記念として、当社でご成約のお客様にアウトドアグッズのプレゼント実施中!

 

DOD・Coleman・ユニフレーム・テンマクデザイン・OGAWA・mont‐bell・patagonia・Columbia・snow-peak・soto・キャプテンスタッグ・ロッジetc

 

ドシドシご応募ください!!!

嵐山こども食堂ホームページhttp://arashiyamakodomosy.wix.com/kodomosyokudou

 

 

嵐山こども食堂Facebookページhttps://www.facebook.com/arashiyama.kodomosyokudou/

 

 

株式会社みつばちハウジング「みつばち日記」http://mitubachiblog.jugem.jp

 

京都市右京区の名所・旧跡・美味しいケーキ・美味しいお菓子やご近所の名店・グルメ情報・HPの無いお店もたっぷり登場させて行きます!

 

 

右京区はこんなトコロ・住めば都と言うけれど・・・ページへのリンクはこちらです!

 

 

★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの購入マニュアル」はこちらをクリック ★★

 

 

★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの売却マニュアル」はこちらをクリック★★

 

 

★★右京区で不動産をお探しならこちら・・・まずは株式会社みつばちハウジングへ! ★★

 

 

★★右京区で賃貸マンショ

author:京都で一番「ありがとう」といわれる不動産屋さんを目指している株式会社みつばちハウジングの代表取締役の高畑 高嗣(たかはた たかつぐ)です。, category:こども食堂, 06:00
comments(0), trackbacks(0)
宮沢賢治の母校

JUGEMテーマ:日記・一般

 

先月、岩手県から修学旅行の合間にインタビューに来られた岩手県立盛岡第一高等学校のフィールドワークの報告書が届きました。

聞くところによると岩手ダントツNO.1の進学校との事で、関東の有名大学に進学する生徒さん達も多そうです。

 

今回は「スーパーグローバルハイスクール事業の一環」として、研修旅行を活用して昨年から開始されたものとの事。

 

グローバル課題の解決に向けた取り組みをされてるそうです。

 

曰く・・・

 

盛岡第一高校は、盛岡市にある県立の共学の進学校で、県下ナンバー1に位置するトップレベルの高校です。前身校である「公立岩手中学校」からの歴史は古く、創立136年を数える伝統校です。普通科の他に理数科が1クラス設置されていますが、入学時は括り募集で、2年次からの選択制になっています。2016年の進学実績としては、東大9名、京大2名、東北大46名、北大9名をはじめとする国公立大学に205名、私立大学では早慶32名などです。 部活動においては、自主自立を尊ぶ盛岡第一高校を特色付けるものとして、応援団の存在があります。全校生徒をすでに応援団と見立て、選挙で選ばれた者を応援委員(いわゆる応援団員)として、応援団を形成し、全校を引っ張っていきます。卒業生の中に、宮沢賢治がいます。

 

卒業生に宮沢賢治って最高ですね。

 

自主性を重んじる校風だそうで、女性の先生と一緒に数時間話をさせていただきました。

 

 

生徒さんの一人の実家が家業で味噌を作ってるということで、お味噌をお土産で戴きました。

 

最近は地方でも子供の貧困問題やこども食堂に関心が高いらしく、岩手の盛岡でもこども食堂が複数あるそうです。

 

色々話した中、一般的な机上の空論に陥ることなく、地元京都の高校生達の様に、実際にこども食堂や子供達と関わるイベントに参加して、学び体験し経験している姿に僕自身が感動していることや、続けている意義などを伝えました。

 

彼らや彼女達にも伝わることはあったらしく、まとめでは自分達で活動を広めて行きたいと書いてくれています。

 

大人は損得や利害関係、感情等でブレる方が多く見受けられように感じますが、高校生や大学生はまだまだそんな域に達していない子達がほとんどですし、これから社会人になるにつれて、色々な対人関係等を経験し学ぶことでしょう。

 

少し変わったことをすると「村」社会では同調性圧力がとんでもなくかかりますし、それは岩手などではもっと凄いかも知れません。

 

しかし実際京都でも「よそ者 若者 馬鹿者」と言われている人達が、着実に地歩を踏み固めている姿をネットやSNSで見れる時代になってます。

失敗も多いかも知れませんが成功した時の成果も大きい。

 

無謀な挑戦とみるか、突破して突き抜けるかは紙一重です。

 

幸い僕のお客様や周辺には何故か僕も含めて「チャレンジャー」(笑)が集まってますし、この流れはどんどん大きくなることはあっても、萎むことは無いでしょう。

 

今年も数多くのチャレンジャー待ってます。

 

それに伴い今年は中学生や高校生達、大学生や専門学校生達を前に話すことが増える予定です。

 

後、SNSの投資話や仮装通貨等のお話は結構ですし(笑)

 

1人で儲けちゃってください(笑)

 

嵐山こども食堂ホームページhttp://arashiyamakodomosy.wix.com/kodomosyokudou

 

 

 

嵐山こども食堂Facebookページhttps://www.facebook.com/arashiyama.kodomosyokudou/

 

 

 

株式会社みつばちハウジング「みつばち日記」http://mitubachiblog.jugem.jp

 

 

 

京都市右京区の名所・旧跡・美味しいケーキ・美味しいお菓子やご近所の名店・グルメ情報・HPの無いお店もたっぷり登場させて行きます!

 

 

 

右京区はこんなトコロ・住めば都と言うけれど・・・ページへのリンクはこちらです!

 

 

 

★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの購入マニュアル」はこちらをクリック ★★

 

 

 

★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの売却マニュアル」はこちらをクリック★★

 

 

 

★★右京区で不動産をお探しならこちら・・・まずは株式会社みつばちハウジングへ! ★★

 

 

 

★★右京区で賃貸マンション・借家をお探しならこちら・・・株式会社みつばちハウジングへ!★★

 

 

 

≪当社の取組が書籍に掲載されました!≫
http://www.ck-pub.com/books/net-shinkaron.html

 

author:京都で一番「ありがとう」といわれる不動産屋さんを目指している株式会社みつばちハウジングの代表取締役の高畑 高嗣(たかはた たかつぐ)です。, category:こども食堂, 06:00
comments(0), trackbacks(0)
嵐山こども食堂・・・今年一年の振り返り
 

JUGEMテーマ:日記・一般



そろそろ今年の振り返りも少々。

まずは「嵐山こども食堂」。

先月の11月18日(日)で丸3年目の開催を無事終えました。

そして今月の2018年12月16日(日)で4周年目へ向かって進むことができた嵐山こども食堂。

 

今年は毎月のこども食堂開催はもちろん、外部へのイベント参加がこれまでに無い位進んだ年でした。

 
3月10日(土)には「おとなもこどももよっといで!きょうとこども食堂フェスティバル」が無事開催されました。

これは約半年前から実行委員会で準備をしてきた案件でした。

 

主催は「広がれ、こども食堂の輪!全国ツアーin京都」実行委員会
 

 

共催は京都府・京都市・京都府社会福祉協議会・京都市社会福祉協議会

 

 

後援は京都府市町村社会福祉協議会連合会・京都府社会福祉法人経営者協議会・京都府共同募金会・京都市民生児童委員連盟

 

 

イベントの紹介文です。

 

 

「みんなで一緒に食べるごはんおいしいな」

 

 

こどもがみんなでわいわいと食事が出来るこども食堂

 

 

「畑で作った野菜。届けてみようかな」

 

 

地域の方とこども食堂を結ぶこども食堂

 

 

近所のおじちゃん、おばちゃん、お兄さん、お姉さんたち、みんなでつくる「こどもの居場所」こども食堂が全国で、そして京都でも広がっています。

 

 

こどもが笑顔になれる、人がつながる地域の居場所をみんなで一緒に考えてみませんか。


当日の模様はこちらです↓
http://mitubachiblog.jugem.jp/?day=20180324


6月10日(日)には「京都府庁こだわりマルシェ」が開催され、向日市のこども食堂「さくら・きっちん」さんにお誘いいただいて参加してきました。

 
当日の模様です↓

「オーガニック×こども食堂 みんなで創るよいごはん」という新たなテーマが切り口で特別プロジェクトを企画してくださったFEAST(総合地球環境学研究所)」さんと京都大学の秋津教授のディスカッションがあったり、オーガニック弁当1個千円の物を50食作ったものを販売していただいたりで、なかなか興味深い内容でした。

このイベント繋がりで、オーガニック野菜の生産農家さんやシェフ、放牧豚の生産者さんや美山の養鶏場さんと繋がっていったり発展したりで、現在進行形で関わりが進んでいます。


 

そして僕自身が大変だった酷暑の7月イベント。

「ふくしま・こどもキャンプ」

主催・「ふくしま・こどもキャンプ丹後の海」

後援・京丹後市教育委員会 京丹後市社会福祉協議会 宇川アクティブライフハウス 食と健康 ゆるボラ丹後の会

主旨・2011年の東日本大震災から7年余りが過ぎましたが、今なお復興とはほど遠い生活を余儀なくされている方々がたくさんいます。

福島でも様々な地域で避難指示が解除されましたが、避難を続ける親子もたくさんいます。

「福島の児童養護施設の子ども達に自然豊かな丹後での夏休みを」と実施してきた「ふくしま・こどもキャンプ」も今年で7回目となります。


 

 

この間みなさまには多方面にわたりご協力ご支援いただきましたこと、心より感謝申し上げます。

 

 

たくさんの方々に支えられて貴重な体験ができるこのキャンプを子ども達は大変楽しみにしています。

 

 

そして、毎年それぞれに成長した姿を見せてくれています。

 

 

継続には厳しい状況があるものの、出来る限りこの活動を続けていきたいと思っております。

 

との事。

 

海もあり山もあって豊かな農産物や海の幸も豊富で環境抜群の京丹後で子供達と一緒に遊んで勉強する・・・そんな活動に嵐山こども食堂も共感し、参加お手伝いさせていただき、食事も提供させていただくことに。

 

 

参加の高校生達には初日から新聞取材が何誌も殺到(笑)

 

詳しい様子はこちらです↓

http://mitubachiblog.jugem.jp/?day=20180802

 

 

僕は熱中症で体温調節が出来ず、猛烈な下痢と眩暈で点滴を受ける羽目に・・・。

 

 

このイベント後に続くプライベートな夏の家族旅行「鳥取・島根の旅」がかなり危ぶまれました(笑)

 

 

イベント関連はこの位です。

 

 

そして今年一年も大勢の方々にご支援&ご支持いただき、たくさん応援していただいた一年でした。
 

 

今年のイベントを振り返っても分かるように、1年目2年目は僕自身が先頭に立って目立っていた部分が多々あり、車で例えるなら「エンジン」部分でやってる感がありましたが、今年は3月の「おとなもこどももよっといで!きょうとこども食堂フェスティバル」前に出て取り組みを発表したくらいで、後はお手伝いの方々や高校生達が主体となって、思いもよらない発展や進捗具合を見せてくれた一年でした。

 

 

これは正に諺通り。

 

 

You can take a horse to the water, but you can't make him drink.

馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない。

 

 

馬が水を飲むかどうかは馬次第なので、人は他人に対して機会を与えることはできるが、それを実行するかどうかは本人のやる気次第であるという意味です。

 

 

続けていく中で課題も見えて、変化を求められる時も多々出来てますが、変わるところと変わらないところ両方を大事にしながら、5周年10周年と続けていけたらと思っています。

 

 

そして今年もたくさんの方々にご支援とご支持をいただいた一年でもありました。

 

毎月の様にたくさんのお米や野菜そしてお菓子をくださる方々。

 

 

絵本や商品券をくださる方々。

 

 

お金をカンパしてくださる方々。

 

 

この様な縁の下の力持ちの方々の御蔭で嵐山こども食堂は成り立ってます。

 

 

そして毎月楽しみに食べに来てくださる方も立派な応援&支援だと思っております。

 

 

最近京都市内でも随分こども食堂が増えたと聞きます。

 

 

しかしまだまだ足りないのも事実。

 

 

生活に困った時や子育てに行き詰った時、いきなり行政に駆け込む方が少ないのも事実です。

 



かと言って頼れる友人知人ママ友も少ない。

 

 

そう言った時に敷居が低いこども食堂が身近にあれば、気軽に声を掛けて&掛けられて、ホッと一息つくことが出来ると言われる方も多いと聞きます。

 

 

今年は年配の常連さんも増え、小さい子から小学生、家族連れの方、どなたでもワイワイガヤガヤ賑やかに食べれる場になってきつつあります。

 

 

嵐電の駅からも近いので、遠くは奈良や山科からお越しいただく常連様も・・・。

 

 

食事の予約も可能です。

 

 

予約分は必ず確保いたします。

 

 

ホームページはこちら↓

http://arashiyamakodomosy.wixsite.com/kodomosyokudou

 


Facebook
ページはこちら↓

https://www.facebook.com/arashiyama.kodomosyokudou/

 

 



来年も嵐山こども食堂を宜しくお願いいたします。


 

 

嵐山こども食堂ホームページhttp://arashiyamakodomosy.wix.com/kodomosyokudou

 

 

嵐山こども食堂Facebookページhttps://www.facebook.com/arashiyama.kodomosyokudou/

 

 

株式会社みつばちハウジング「みつばち日記」http://mitubachiblog.jugem.jp

 

 

 

 

author:京都で一番「ありがとう」といわれる不動産屋さんを目指している株式会社みつばちハウジングの代表取締役の高畑 高嗣(たかはた たかつぐ)です。, category:こども食堂, 06:00
comments(0), trackbacks(0)
平成30年度歳末たすけあい助成金贈呈式

JUGEMテーマ:日記・一般



先日は嵐山こども食堂として「平成30年度歳末たすけあい助成金贈呈式」に出席してきました。

今年で67回目ということで、師走の恒例行事になってる感はありますが、こども食堂をしてなかったらこうやってブログに書くこともなかったであろうイベントです。

したとしても募金くらいかな。


赤い羽根の共同募金さんとNHKさんとの共同イベントで、今年も募金が集まりつつあり、母子支援施設や子供関連の養護施設、そしてこども食堂に様々な形で一年間支援していただくことになります。

嵐山こども食堂では毎月の6号生ケーキ2個と焼き菓子に形を変えて支援してくださっており、子供達が凄く楽しみにしている人気のお菓子です。


 
今年も推薦を戴いたり、ご支援ご支持いただいた方々に、この場を借りて暑く御礼申し上げます。

本当にありがとうございます。

 
そして先日インタビューを受けたボランティアーズ京都さんの会報誌が完成したのを届けて戴きました。

これは嵐山こども食堂の、ある意味ゲームの「隠れキャラ」「ボスキャラ」に該当する方も掲載されてるので、僕的にはお腹を抱えて大笑いするほど面白い記事なんですが、掲載されてる方は微妙な感じなんで今度会ったら手渡しして感想を聞きたいです(笑)

 
掲載自体半分諦めておられるようですが(笑)
個人スポンサーの方も随分増えてきつつあり、毎回楽しみにお越しいただく方も増えて、増々密度の濃い活動になりそうな予感がしてます。

嵐山こども食堂として参加お手伝いさせていただいている、「ふくしまこどもキャンプ」の今年度のお手伝い活動も早めに募集を掛ける次第です。


 
「ふくしまこどもキャンプブログ記事」
興味のある方は是非ご参加ください。


 

嵐山こども食堂ホームページhttp://arashiyamakodomosy.wix.com/kodomosyokudou

 

嵐山こども食堂Facebookページhttps://www.facebook.com/arashiyama.kodomosyokudou/

 

株式会社みつばちハウジング「みつばち日記」http://mitubachiblog.jugem.jp

 

京都市右京区の名所・旧跡・美味しいケーキ・美味しいお菓子やご近所の名店・グルメ情報・HPの無いお店もたっぷり登場させて行きます!

 

右京区はこんなトコロ・住めば都と言うけれど・・・ページへのリンクはこちらです!

 

 

★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの購入マニュアル」はこちらをクリック ★★

 

 

★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの売却マニュアル」はこちらをクリック★★

 

 

★★右京区で不動産をお探しならこちら・・・まずは株式会社みつばちハウジングへ! ★★

author:京都で一番「ありがとう」といわれる不動産屋さんを目指している株式会社みつばちハウジングの代表取締役の高畑 高嗣(たかはた たかつぐ)です。, category:こども食堂, 06:00
comments(0), trackbacks(0)
準備中

JUGEMテーマ:日記・一般





今年のM−1は面白かった・・・と思ってたら場外乱闘の様相(笑)
 
酒飲んでその様子を動画配信したらまずいでと思いつつも、上沼さんも今回はかなり好き嫌い言い過ぎてるきらいがあるから・・・どちらもあういう芸風なんでしょうか?

 
さて閑話休題。

 
今月の嵐山こども食堂は12月16日(日)開催です。

 
そんな中「嵐山こども食堂で食べてください」と大きな柿を届けて戴きました。

H様、いつもありがとうございます。

 


 
府立図書館さんからは大量に本が届きました。

 
漫画もあって読みやすそうです。

 
先日もお手伝いの方より「今日Facebook見て来られた子どもさん連れのお母さんが本の読み聞かせしてほしいとのことで、日本語の絵本を○○○くんが英語で読んでくれはりました」との驚きの報告が。

 
もしよかったらいつもお手伝いに来てくれてる高校生達の、超約英語の絵本読み聞かせをリクエストしてみてください。


 
下の写真のこれはフードセンターさんから戴いた大量の野菜類です。

 
これも無農薬野菜なので、しっかり次回のこども食堂で使わせていただきます。


 
今月はクリスマスメニューなので、お手伝いの方が多かったらひと手間掛かるメニューを考えております。

デザートは生ケーキとフルーツみつ豆に決まり。



スープは自家製手作りベーコンを使ったミネストローネ。



メインはまだ未定です。
author:京都で一番「ありがとう」といわれる不動産屋さんを目指している株式会社みつばちハウジングの代表取締役の高畑 高嗣(たかはた たかつぐ)です。, category:こども食堂, 06:00
comments(0), trackbacks(0)