RSS | ATOM | SEARCH
歴史の表裏・・・その壱
JUGEMテーマ:日記・一般
 
いよいよ今日から10月ですね。

最近日本の戦国時代の歴史や戦国武将に興味を持つ「歴女」やマニアックな女性が増えておるそうな・・・。

そう言えば周りにも知ってる女性で「城」大好きな女性な、武将にもの凄く興味を持ってる女性がじわじわと増えてる気がします。(笑)

噂では草食系男子や装飾系男子が激増していると言われている世の中・・・・・・。

戦国時代の武将達の様な骨のある生死を掛けた生き方に、心惹かれる女性が増えるのも仕方ない現象かも知れませんね。

そういう僕も筋金入りの歴史好きで、「武将好き」「お城好き」人間な為に、今までも本にもお金をいっぱい使ってきましたし、各地のお城巡りをしたことも数限り無くあります。


この前も本屋さんで最近新しく創刊されたらしい下の表紙の本を衝動買いしてしまいました。ヾ(--;)ぉぃぉぃ
綺羅びやかな表紙!

本の中身はと言うと・・・・・

数多くの写真が多用されており、目で見ることも重視して意識した内容ですが、目新しいかと言えば・・・。

買って損はしない内容ですね。←無難なコメント(笑)

そして最近ある本で何故豊臣家は今の日本で子孫は一人も見当たらず滅んでしまったか?を考えさせられる内容を読んで衝撃を受けました。

それは「礼」にあったとの説。

幕末に明治政府が徳川幕府を打ち倒し、政権を樹立した際に、幕府の「礼」や「儀式」を司る公卿や高家(礼式を教える公家)を再度招いて取り立て、天皇家を中心とした「祭典」を重視したことが大きな発見だったというのです。

豊臣家、特に豊臣秀吉公は自身が公家の最高位「関白太政大臣」にまで登りつめながらも、大阪の陣で滅んでしまい子孫は今に無いのです。

豊臣秀吉公の在世当時の大阪城などは「礼」など無いにも等しく、豪傑揃いの武将達は庭で立小便はする、乱暴狼藉などは当たり前で節操もなかったそうで、これには頭を抱えた秀吉公がせめて少し礼儀作法などを教えようと武将達に「茶」を習わせたりしたのが本当の様です。

それでもなかなか従わない武将達を相手に、奉行筆頭の石田三成だけは礼に口喧しく、関ヶ原の戦いで石田三成が敗れた後の大阪城中で三成と相当仲が悪かった浅野幸長は「三成がいれば武将達もこれ程行儀の悪いことも無かっただろう」という発言をしたと言われています。

そしてこれをつぶさに見ていた徳川家では武力だけでは無く、精神的な部分でも「礼」を重んじ、祭典儀式を大事に取り扱い続けたのが徳川三百年の太平の世に繋がったとの説です。

その内容は凄まじく、国元では100万石級の外様大名が参勤交代で将軍に謁見する機会があったとしても、顔を床に伏せたまま毎回顔さえ見ることもなく生涯を終える程の将軍家の権威付けが行われていたとのことです。

100万石級の大名でこうなのですから、その他の大名は推して知るべし・・・でしょうね。

この「礼」の真髄を明治政府は天皇家に応用する訳です。

その徳川家も三百年間は抑えられた大名達相手に最後には滅んでしまうのですが・・・。

歴史は繰り返す・・・のですね。



みつばちハウジングのtwitterスタートしました。)

≪当社の取組が書籍に掲載されました!≫

http://www.ck-pub.com/books/net-shinkaron.html


クリック

★★ 
センチュリー21株式会社みつばちハウジングの
「住まいの購入マニュアル」はこちらをクリック
 
 ★★

★★ 右京区で不動産をお探しならこちら・・・
まずはセンチュリー21株式会社みつばちハウジングへ!
 ★★


全国の不動産屋さんの日常を描く「すべらない話」ブログです。
バナーを「すべらない話」ブログにリンクしておりますので是非ご覧くださいませ。
上記バナーはリンクフリーです。是非色々な所にお貼りください。


この会の主旨は「不動産業で共に学び、共に栄える」事です。

 

author:京都で一番「ありがとう」といわれる不動産屋さんを目指している株式会社みつばちハウジングの代表取締役の高畑 高嗣(たかはた たかつぐ)です。, category:歴史考察, 09:23
comments(2), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 09:23
-, -
Comment
株式会社みつばちハウジング
高畑様

高畑社長も歴史がお好きだったのですね。
ケロ助は『歴史群像』を創刊号から読み続けています。

最近はマスコミに『歴女』なるものが取り上げられることもあってか、歴史がややメジャー化?してきてうれしい限りです。

『歴史人』は確か先月発売されたはずですね。
仰るとおり、本屋さんで立ち読みしても損はしない内容ですね(笑)

ケロ助, 2010/10/03 3:19 PM
ケロ助様

ブログコメントをいただきましてありがとうございます。

歴史群像とは・・・筋金入りの歴史人ですね。(笑)

歴史に興味は尽きないですが、郷土の武将ともなると尚更関心があります。

ケロ助さんの地元でしたら毛利家や福島家でしょうか?

当社のある京都は上洛される武将ばかりです。(笑)






タカハタ, 2010/10/03 7:46 PM