RSS | ATOM | SEARCH
I WAS BORN TO LOVE YOU

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 



年内に観に行くことは不可能かな?と思っていた映画「ボヘミアン・ラプソディー」を観てきました。

台風21号の補修工事の進捗も気になる中、VIPのお客様との商談もあって気が抜けません(笑)


映画のあらすじです。

世界的人気ロックバンド「クイーン」のボーカルで、1991年に45歳の若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリーを描いた伝記ドラマ。

クイーンの現メンバーであるブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽総指揮を手がけ、劇中の楽曲には主にフレディ自身の歌声を使用。

「ボヘミアン・ラプソディ」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」といった名曲誕生の瞬間や、20世紀最大のチャリティコンサート「ライブ・エイド」での圧巻のパフォーマンスといった音楽史に残る伝説の数々を再現するとともに、華やかな活躍の裏にあった知られざるストーリーを描き出していく。

「ナイト ミュージアム」のラミ・マレックがフレディを熱演し、フレディの恋人メアリー・オースティンを「シング・ストリート 未来へのうた」のルーシー・ボーイントンが演じる。

監督は「X-MEN」シリーズのブライアン・シンガー。


観ながら画面にくぎ付けに。

皆さん「良かった!」を連発されるはずですわ。

映画ではフレディ・マーキュリーのエイズの闘病生活には触れてませんし、残されたメンバーの意向で良いシーンばかりで編集されてますが、それがかえって哀愁を漂わせる画面になっています。


最後の方でボブ・ゲルドフが主催した「ライブ・エイド」の場面が出てきますが、この当事は僕自身がリアルタイムで観て進行していた時代で、ちょうどU2のBONOを応援していた時期でもありました。


QUEENのステージが圧巻です。

これほど凄かったとは。

歌と場面が全て一致する映画はなかなか無いですが、この映画はすべてが一致する稀有な1本です。

最後に
「I WAS BORN TO LOVE YOU」の歌詞が染みます。

今年最後の映画はこれで決まりですね(笑)


嵐山こども食堂ホームページhttp://arashiyamakodomosy.wix.com/kodomosyokudou
右京区で不動産をお探しならこちら・・・まずは株式会社みつばちハウジングへ! ★★
author:京都で一番「ありがとう」といわれる不動産屋さんを目指している株式会社みつばちハウジングの代表取締役の高畑 高嗣(たかはた たかつぐ)です。, category:映画, 06:00
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 06:00
-, -
Comment









Trackback
url: http://mitubachiblog.jugem.jp/trackback/2545