RSS | ATOM | SEARCH
おとなもこどももよっといで!きょうとこども食堂フェイスティバルの巻 

JUGEMテーマ:日記・一般

 


来月3月10日土曜日に開催される「おとなもこどももよっといで!きょうとこども食堂フェイスティバル」のご紹介をします。

 

主催は「広がれ、こども食堂の輪!全国ツアーin京都」実行委員会

 

共催は京都府・京都市・京都府社会福祉協議会・京都市社会福祉協議会

 

後援は京都府市町村社会福祉協議会連合会・京都府社会福祉法人経営者協議会・京都府共同募金会・京都市民生児童委員連盟

 

僕は嵐山こども食堂として「広がれ、こども食堂の輪!全国ツアーin京都」実行委員会に入っています。

 

イベント紹介文です。

 

「みんなで一緒に食べるごはんおいしいな」

 

こどもがみんなでわいわいと食事が出来るこども食堂

 

「畑で作った野菜。届けてみようかな」

 

地域の方とこども食堂を結ぶこども食堂

 

近所のおじちゃん、おばちゃん、お兄さん、お姉さんたち、みんなでつくる「こどもの居場所」こども食堂が全国で、そして京都でも広がっています。

 

こどもが笑顔になれる、人がつながる地域の居場所をみんなで一緒に考えてみませんか。

 

当日は午前中がトークセッション。

 

午後からが分科会。

 

午前11時から15時まではこども食堂の活動を目で見て体験できるブースエリアもあります。

 

このブースエリアの「情報コーナー」で京都のこども食堂ポスター展示、活動お悩み相談、こども達大好き献立ランキングなど。

 

「遊びコーナー」では学生さんといっしょに楽しむゲームやバルーンアート、幼児さん向けコーナーなど。

 

「こども食堂ごはん体験」では京都のこども食堂のメンバーが作った無料の豚汁を準備しています!

 

有料のおにぎり等もあります。

 

「こども食堂マルシェ」ではこども食堂によるお菓子等物品販売。

 

ブースエリアは入退場自由ですが、申し込みが必要なプログラムもありますので事前にお申込みください。

 

ちなみに嵐山こども食堂からは僕も含めてたくさんのメンバーが当日参加予定です。

 

今現在も事務局宛てに申し込みがガンガン入ってるようです。

 

興味をお持ちの方は時間を作っていただいてドシドシご参加くださいませ。

 

僕は午前10時30分から12時に開催される「トークセッション」に他のこども食堂の代表者さん達と一緒に登壇。

 

午後は分科会2の「ずっとこども食堂を続けていくために」にこども食堂実践者として参加の予定です。

 

そしてある大学の先生が書いておられたのですが、最近僕自身が感じていたことを理論補強できそうなので掲載しておきます。

 

個人的には、民間の取り組みと行政の取り組みの「ベストミックス」ではなく、良い意味の緊張関係が重要だと思っています。

 

「保障されるべき権利や自由」が「保障されていない」ことを発見し、これに社会全体で取り組んでいきましょう、と問題提起することが地域に期待される役割だと思います。

 

この役割が超重要ではないかと思っています。

 

んで、この社会化された問題に対して中心となって取り組むのが行政ではないかと。

 

あくまで個人的な意見ですが。

 

僕も全くその通りかなと感じてます。

 

この先生も当日登場されます。

 

今回特別に「こども食堂の限界」についても話されるそうなので興味津々です。(笑)

そして今回画期的なのがこの企画。


「ワンデイ地域食堂キャンペーンin京都北部」

3月10日に先駆けて、京丹後市で今月の2月24日(土)から3月4日(日)の9日間に渡り、京丹後の7箇所で開催されます。

さすが府と市の連携でチラシ等にも結構お金掛かってます。(笑)

 

イベント紹介文です。

今、全国でこどもたちの居場所づくりの一つとして「こども食堂」の取り組みが広がっています。

毎日の暮らしに欠かせない食を切り口とした居場所つくりは、世代を超えて地域みんながつながる場になりつつあります。

このキャンペーンは「京都府北部地域で世代を超えて地域みんなが集える場をもっと増やしたい!」という想いから始まりました。

普段の活動をちょっとアレンジして、こどもやおとなが誰でも参加できる「食」のある居場所づくりに、地元のボランティア団体等がチャレンジします。

あなたも参加してみませんか?


 

以前嵐山こども食堂に、京都府北部地方のコンビニ複数店の経営者の方が見学に来られたことがあります。

 

地域の電気・水道・ガス・道路などのインフラと同じ役割としてのコンビニは欠かせないと思いますし、そう考えておられました。

 

こども食堂増加の起爆剤になるキャンペーンですし、継続して頑張って貰いたいです。

 

嵐山こども食堂に色々な食材や資金を送ってくださる方も多い地域です。

 

お近くの方は是非ドシドシご参加くださいね。

といいながらも早速、京丹後市の方々との交流企画として2月18日(日)の嵐山こども食堂にて、京丹後の名産の「野間の味 ガラシャ漬け」を振る舞いました。

京丹後にある野間は雪深いところらしく、そこのおばちゃん達が「干し大根・昆布・土生姜・いりごま・干し椎茸・赤唐辛子・醤油・酒・砂糖・酢」だけで作られた完全無添加・手作りで丹精込めて作られた逸品との事です。

 

ご飯のお代わりが止まらなくなる味・・・絶妙の甘辛加減・・・ポリポリ食感・・・間違い無い味です。

今回、京丹後よりたくさんのガラシャ漬けを送っていただきましてありがとうございました。

野間や京丹後に御礼合宿旅行に行きます。(笑)

この「ガラシャ漬け」は戦国大名の細川藤孝公の息女・ガラシャから名前を付けてるそうです。


当日のこども食堂では素晴らしく美味しい副菜となりました。

子供達もお年寄りの方にも大好評でした。

ちなみに高畑家の先祖は乙訓地方を細川藤孝公が治めていた際の家臣でした。(笑)

小田原の役に参陣した際の古文書が残っています。

ここにきてこんなに繋がるとはオドロキです(笑)

 

終わり。
 

嵐山こども食堂ホームページ→http://arashiyamakodomosy.wix.com/kodomosyokudou

嵐山こども食堂Facebookページ→https://www.facebook.com/arashiyama.kodomosyokudou/

株式会社みつばちハウジング「みつばち日記」→http://mitubachiblog.jugem.jp

京都市右京区の名所・旧跡・美味しいケーキ・美味しいお菓子やご近所の名店・グルメ情報・HPの無いお店もたっぷり登場させて行きます!

右京区はこんなトコロ・住めば都と言うけれど・・・ページへのリンクはこちらです!


★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの購入マニュアル」はこちらをクリック ★★

★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの売却マニュアル」はこちらをクリック★★


★★右京区で不動産をお探しならこちら・・・まずは株式会社みつばちハウジングへ! ★★

★★右京区で賃貸マンション・借家をお探しならこちら・・・株式会社みつばちハウジングへ!★★

≪当社の取組が書籍に掲載されました!≫
http://www.ck-pub.com/books/net-shinkaron.html

author:京都で一番「ありがとう」といわれる不動産屋さんを目指している株式会社みつばちハウジングの代表取締役の高畑 高嗣(たかはた たかつぐ)です。, category:こども食堂, 06:00
comments(0), trackbacks(0)
さらえるキッチン参加 Part2

 

JUGEMテーマ:日記・一般



今回のブログは前回のブログからの続きです。

さぁ、自己紹介も一通り終わり、ついでにたっぷり嵐山こども食堂ネタも紹介し終わりました。


そこでシェフ渾身の料理が続々と登場。

まずはサラダから。

色々入ってますが、あまり内容は知りませんでした。(笑)


とにかく美味しい。


津乃吉さんの佃煮や黒豆がてんこ盛り。

 

僕は黒豆大好きなんですよね。

ちりめん山椒やしいたけ昆布の佃煮に大根と生姜の佃煮など、基本これだけでご飯3杯くらいはイケるやつです。(笑)

ちりめん山椒は他店とはこだわり方と作る方法が違うと話しておられましたが、食べてみると納得のやみつきになる味です。


今回大量にあった冬瓜。

夏に採れて冬に食べるので冬瓜との事。

これカラダも温まって美味しい食材ですね。


エスニックな料理も大量に並んでます。

どれも美味しい。


イベントタイトルの「さらえるキッチン」通り、全てさらえて完売御礼。(笑)

 

満腹じゃ〜〜〜。


参加者全員で大満足のご馳走様写真をパチリ。


帰り際に津乃吉さんの社長の吉田さんが子犬の様な目で見つめてこられるので、思わず買ってしまった「だし醤油」と「かつお味噌」。(笑)

見つめる云々はウソですけど。(笑)

納豆やうどんの釜玉ベースにも使えるだし醤油と、ご飯のお供のかつお味噌は万能ですわ。


後日、嵐山こども食堂の仕入れに伺った西喜商店さんで、家庭用に買った
「たまみみかん」

食べてみたら極上のみかんですわ。

みかんなんてどれも同じやん・・・と思って買ったら度肝を抜かれました。

相対商売の八百屋さんうんまいもん良くご存知です・・・恐るべし。(笑)

他の野菜も良い品でした。

早速嵐山こども食堂でもじゃがいもや人参、たまねぎを大量に購入し2月18日(日)の「おやじの黒毛和牛すじカレー」に使わせていただきます。


いつも嵐山こども食堂に野菜を分けていただいている地元の農家さん達も、こういったイベントやお店に繋げてあげたいですし繋がって欲しいなと思います。

色々な形に恩返し出来れば、もっと繋がりや輪が広がると感じてます。

 

ごちそうさまでした。

 

 

嵐山こども食堂ホームページ→http://arashiyamakodomosy.wix.com/kodomosyokudou

嵐山こども食堂Facebookページ→https://www.facebook.com/arashiyama.kodomosyokudou/

株式会社みつばちハウジング「みつばち日記」→http://mitubachiblog.jugem.jp

京都市右京区の名所・旧跡・美味しいケーキ・美味しいお菓子やご近所の名店・グルメ情報・HPの無いお店もたっぷり登場させて行きます!

右京区はこんなトコロ・住めば都と言うけれど・・・ページへのリンクはこちらです!


★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの購入マニュアル」はこちらをクリック ★★

★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの売却マニュアル」はこちらをクリック★★


★★右京区で不動産をお探しならこちら・・・まずは株式会社みつばちハウジングへ! ★★

★★右京区で賃貸マンション・借家をお探しならこちら・・・株式会社みつばちハウジングへ!★★

≪当社の取組が書籍に掲載されました!≫

author:京都で一番「ありがとう」といわれる不動産屋さんを目指している株式会社みつばちハウジングの代表取締役の高畑 高嗣(たかはた たかつぐ)です。, category:日常の出来事, 06:00
comments(0), trackbacks(0)
さらえるキッチン参加 Part1

JUGEMテーマ:日記・一般

 


先日は東山で開催されたイベント「さらえるキッチン」に嫁と一緒に参加してきました。

先日の占いで「あなた全てにおいてメチャクチャ忙しいでしょ!」と心中と行動を全て見透かされたようなフレーズが大当たりだったのを思い出しつつ、ついついタイトにスケジュールを組んでしまいます。(笑)

当日は場所探しに手こずりましたが、なんとかスタート間際に到着。

このイベントは昨今話題のフードロスを扱ったイベントで、賞味期限切れ間近の食材やまだ食べられる食材を使って、あるいは持ち寄って美味しく調理して食べてしまおうというイベントです。

農林水産省などの2014年度の推計では、食品由来の廃棄物のうち可食部分と思われる「食品ロス」は年間621万トンに上る。

国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」では、30年までに小売り・消費段階での世界全体での1人当たりの食品廃棄を半減するとしており、各社が対応を急いでいるとの事。

こんな料理教室の先生も参加されてます。


今回のイベント内容は・・・

百屋発、フードロス対策イベント始動!
----------------------------------------
みなさん、はじめまして京都の八百屋「西喜商店」四代目の近藤です。
みなさんが日頃何気なくお店で購入する食材ですが、流通過程で買い手がつかず、売れ残る食材が多くあることをご存知でしょうか。
京都中央卸売市場の場外売店として長年八百屋を営む西喜商店でも、どうしても廃棄せざるを得ない野菜や果物をがあり、なんとか有効活用できないか、誰か必要としている方に届けることはできないかと悩んでいました。
 そして、そんな思いをブログやSNSに投稿したところ多くの共感の声が集まりました。
※その時のブログ記事はこちら。
 
http://nishikisyouten.hatenablog.jp/entry/2017/05/23/121621

そこで、まずは手始めに捨てられそうになっている食材を使って、
おいしく楽しくご飯を食べるイベントを開催することにしました。...
ゲストシェフをお招きして、その日ある食材を余すこと無く使い切って最高の料理に変身させてもらいます。使う食材は、西喜商店で余ってしまった野菜、果物、そして、共催の佃煮店、津乃吉さんの煮汁や販売できなくなった商品、使い道のなくなった原材料等を予定しています。
 第一回ということで手探りにはなりますが、野菜も果物も誰かの手によって作られていることを理解した上で、簡単に捨ててしまうのではなくて、余すこと無く使い切って食の循環を作り上げ、多くの人の普段の食生活が豊かになって心も体も健康な暮らしのお役に立てれば嬉しい、というのが今回の企画の主旨です。
 どなたでもご参加頂けるイベントです。食の循環づくりにご興味のある方はどうぞお気軽にお越し下さいませ。


当初からみつばちハウジングや嵐山こども食堂とも、繋がりのある方や参加者が多そうな印象のイベントでしたので、この日を非常に楽しみにしておりました。

続々と参加者が集まって来られてます。


一見して賞味期限切れとは思えない品質の食材多し。


まだまだ食べれるのに捨てられるとか廃棄されるとか痛ましいです。

しかしこれが大量になると、廃棄するにもお金が掛かるので問題です。

消費経済との相性が悪すぎるので、何か行動していかないといけませんね。


堀川ごぼうなんて定価で買うと1500円とか2000円の品でっせ。(笑)


下の写真右側がこのイベントの発起人の一人、老舗のお出汁にこだわる京佃煮の津乃吉さんの社長の吉田さん。


この方もこのイベントの発起人の西喜商店の近藤さん。

京都中央市場前で90年超の歴史を誇る八百屋さんの社長さんです。

独特の面白さ有り。(笑)


プロの料理人さんが様々の食材をその場でアレンジしながら料理に仕上げていかれます。

これは料理の鉄人でみたアイアンシェフでは無いのかと・・・違うかな?(笑)


多くの雛鳥達がご飯タイムを待ってます。

ウソ。(笑)


写真左側の方が料理人のアイアンシェフ近藤さん。

本職はVEGESUSHIのシェフとのことで、このSUSHIが凄かった。

 

手前のアシスタントさんは美女です。(嬉)


外国人にも大流行のVEGESUSHIの本も出されてます。

なんとアマゾン1位とか。


世の中繋がる時は繋がるもんですね。

さらえるキッチンはつながるキッチンでもありました。(笑)

続く・・・


嵐山こども食堂ホームページ→http://arashiyamakodomosy.wix.com/kodomosyokudou

嵐山こども食堂Facebookページ→https://www.facebook.com/arashiyama.kodomosyokudou/

株式会社みつばちハウジング「みつばち日記」→http://mitubachiblog.jugem.jp

京都市右京区の名所・旧跡・美味しいケーキ・美味しいお菓子やご近所の名店・グルメ情報・HPの無いお店もたっぷり登場させて行きます!

右京区はこんなトコロ・住めば都と言うけれど・・・ページへのリンクはこちらです!


★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの購入マニュアル」はこちらをクリック ★★

★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの売却マニュアル」はこちらをクリック★★


★★右京区で不動産をお探しならこちら・・・まずは株式会社みつばちハウジングへ! ★★

★★右京区で賃貸マンション・借家をお探しならこちら・・・株式会社みつばちハウジングへ!★★

≪当社の取組が書籍に掲載されました!≫

author:京都で一番「ありがとう」といわれる不動産屋さんを目指している株式会社みつばちハウジングの代表取締役の高畑 高嗣(たかはた たかつぐ)です。, category:日常の出来事, 06:00
comments(0), trackbacks(0)